PR

【2024年最新】産婦人科でピルだけ処方してもらえる?料金やもらい方を解説!

  • 5月 29, 2023
  • 4月 6, 2024
チョイチョイ

産婦人科でピルだけ処方してもらえるかどうか解説するよ!

「産婦人科でピルだけ処方してもらえる?」
「ピルの料金やもらい方は?」

ピルには避妊効果や月経困難症の改善が期待できます。しかし、産婦人科での処方までの流れや料金について気になる女性も多いでしょう。

本記事では、産婦人科でピルだけ処方してもらえるのか?ピルの料金や処方までの流れについて解説するのでぜひ参考にしてください。

ピルだけ産婦人科でもらう方法は?

ピルだけ産婦人科でもらう方法は?

一般的に、産婦人科でピルだけを処方してもらうことは不可能です。通常、ピルを処方する前には健康状態や既存の病気、アレルギーの有無などを確認するための診察を受けます。
また、ピルには副作用のリスクもあるので、リスクを抑えるためにも医師による診察は大切です。ただし例外として、何度かピルを処方され安定して服用されている女性に対しては、診察を省略して処方してくれる産婦人科も存在します。

ポイント

  • 産婦人科でピルだけの処方は不可能
  • リスク軽減のために診察は大切

産婦人科でのピル処方までの流れ

産婦人科でのピル処方までの流れ

ここでは、産婦人科でのピル処方までの流れについて解説します。

  1. 問診票の記入
  2. 診察
  3. 処方

問診票の記入

問診票には、個人情報や健康状態に関する質問が含まれています。これには既存の病気や病歴、アレルギーの有無、現在飲んでいる薬などが含まれます。適切なピルを処方してもらうためにも、正確に記入しましょう。

診察

診察では健康状態を評価し、必要な情報を収集します。ピルの使用に関連する重要な要素(血圧・体重など)が確認され、それに基づいて適切なピルが選択されます。また、悩みやわからないことなどについても診察の際に相談可能です。

処方

診察後、健康状態や使用目的に基づいて適切なピルが選択され処方されます。処方されたピルを正しく服用するために、医師や薬剤師の指示に従いましょう。

ポイント

  • 問診票は正確に記入する
  • 診察内容は、血圧・体重測定など簡単におこなえる内容
  • 悩みやわからないことなどは診察時に質問すること
名医のチョイス

目次ピル「ルナベル」とは?ピル「ルナベル」の正しい服用方法ピル「ルナベル」服用にあたっての注意点3つヤーズ・ヤーズフレッ…

産婦人科で処方してもらえるピルの種類や効果

産婦人科で処方してもらえるピルの種類や効果

産婦人科で処方してもらえるピルは以下の4種類です。

  • 超低用量ピル
  • 低用量ピル
  • 中用量ピル
  • アフターピル

超低用量ピル

超低用量ピルは月経周期を調節し、月経困難症や子宮内膜症の症状を緩和するために使用されます。低用量ピルよりも女性ホルモンの配合量が少なく、副作用のリスクが少ないことが特徴です。

  • ルナベルULD
  • フリウェルULD
  • ヤーズフレックス
  • ヤーズ

低用量ピル

低用量ピルは、主に経口避妊薬・月経困難症や子宮内膜症の治療薬として使用されます。低用量ピルには女性の卵巣からの排卵を抑制するはたらきがあるため、受精が起こる可能性が低くなります。

  • トリキュラー
  • ラベルフィーユ
  • アンジュ
  • マーベロン
  • ファボワール

中用量ピル

中用量ピルは、主に月経周期を調整する目的で使用されます。服用している間は生理がこないため、月経を早めたり、遅くしたりすることが可能です。旅行やスポーツイベントなど、生理と被ってほしくないイベントがある際に使います。

  • プラノバール

アフターピル

アフターピルは、緊急的に妊娠を防ぐ目的で使用されます。ただし、アフターピルはあくまで緊急避妊の最終手段です。自分やパートナーの健康を守るためには、コンドームや低用量ピルによる避妊方法を選択することが重要です。

  • レボノルゲストレル
  • ノルレボ

ポイント

  • 超低用量ピルは主に月経困難症や子宮内膜症の症状を緩和するために使用
  • 低用量ピルは主に経口避妊薬・月経困難症や子宮内膜症の治療薬として使用
  • 中用量ピルは、主に月経周期を調整する目的で使用
  • アフターピルは緊急的に妊娠を防ぐ目的で使用
名医のチョイス

目次スマルナのサービス内容スマルナのピルは偽物?安全性についてスマルナでピルを処方してもらう際の注意点スマルナを利用する…

ピルを産婦人科で処方してもらうメリット・デメリット

ピルを産婦人科で処方してもらうメリット・デメリット
メリットデメリット
・医師に直接相談ができる
・万が一のときにすぐに診てもらえる
・時間や交通費がかかる
・個人のプライバシー

 ここでは、ピルを産婦人科で処方してもらうメリット・デメリットについて解説します。

ピルを産婦人科で処方してもらうメリット

ピルを産婦人科で処方してもらうメリットは以下のとおりです。

  • 医師に直接相談ができる
  • 万が一のときすぐに診てもらえる

医師に直接相談ができる

産婦人科では直接医師と相談の機会があるため、ピル処方に関する疑問や不安を解消できるのがメリットです。また、自分に合ったピルの種類や正しい服用方法、副作用のリスクについて詳しく説明してもらえます。

チョイチョイ

不安や疑問があったら診察時に相談しよう!

万が一のときすぐに診てもらえる

産婦人科でピルを処方してもらう場合、副作用が起きたときや血栓症が疑われる症状が発生した際に迅速に医療対応が受けられます。医師へ直接症状や問題を伝えることで、適切なアドバイスや治療が提供されます。
オンラインクリニックでは万が一副作用が起きた場合でも直接検査は受けられません。症状により医療機関の受診を促される場合もあるので、その際は指示に従いましょう。

ピルを産婦人科で処方してもらうデメリット

ここでは、ピルを産婦人科で処方してもらうデメリットを2つ紹介します。

  • 時間と労力・交通費
  • 個人のプライバシー

時間と労力・交通費

産婦人科でピルの処方を受けるためには、通院のために時間と労力を割かなければなりません。産婦人科の予約を取り、待ち時間を経て診察を受ける必要があります。
仕事の合間に時間を作れない方や、遠方にお住まいの方にとっては通院にかかる時間や労力が負担になります。また、交通費もかかるため、やはり遠方のお住まいの方にとってはデメリットとなるでしょう。

個人のプライバシー

産婦人科への通院やピルの処方を受けると、待合室で知人に遭遇したり、受付で名前を呼ばれて他の人に知られたりする可能性があります。ピルを処方されたことを周囲の知人に知られると、プライバシーが侵害されたと感じる人もいるでしょう。
プライバシーを守りたい方は、オンラインクリニックがおすすめです。

ポイント

  • 副作用や血栓症などが不安な方は産婦人科がおすすめ
  • 産婦人科が近くにない方や通院の時間が作れない方は不向き

ピルをオンラインで処方してもらうメリット・デメリット

ピルをオンラインで処方してもらうメリット・デメリット
メリットデメリット
・スマホひとつで完結する
・医師が選べる
・いつでも手軽に相談できる
・医師の対応が遅れる場合がある
・万が一の場合でも直接診察を受けられな

ピルをオンラインで処方してもらうメリット・デメリットについて解説します。

ピルをオンラインで処方してもらうメリット

ピルをオンラインで処方してもらうメリットは以下の3つです。

  • スマホひとつで完結する
  • 医師が選べる
  • いつでも手軽に相談できる

スマホひとつで完結する

オンラインクリニックを利用する場合は、病院やクリニックに通わずに済むため交通費や待ち時間が省け、時間やコストの節約になります。
自宅など落ち着く環境で受診できるので、リラックスしながら診察を受けられるのもメリットです。

チョイチョイ

アプリやWebサイトの登録はほとんどが無料でカンタンにできるよ!

医師が選べる

通常、病院やクリニックで希望する医師の診察を受ける場合、受診の時間を調整する必要があります。
しかしオンライン診療では、専門分野や評価から医師を選択できるクリニックもあるので、適切なアドバイスや処方を受けられるでしょう。

いつでも手軽に相談できる

オンライン診療は、いつでも相談に乗ってくれるクリニックもあります。ピルのことや体調に関する不安や悩みなど気軽に相談できるので心強いでしょう。

ピルをオンラインで処方してもらうデメリット

続いてピルをオンラインで処方してもらうデメリットを2つ紹介します。

  • 医師の対応が遅れる場合がある
  • 万が一の倍でも直接診察を受けられない

医師の対応が遅れる場合がある

オンラインクリニックに登録している医師は開業医、または病院勤務のためタイミングが合わず診察が始まるまで時間がかかる場合があります。
そのため、緊急性の高いアフターピルの処方を希望する女性はオンラインクリニックは不向きといえるでしょう。

万が一の場合でも直接診察を受けられない

オンラインクリニックは、副作用が起きたときや血栓症が疑われる症状が発生したときでも直接検査は受けられません。症状により対面受診を促される場合もあるので、その際は指示に従い医療機関を受診しましょう。
オンラインクリニックは便利で手軽に利用できる一方で、対面的なコミュニケーションには制限があることを認識する必要があります。

ポイント

  • 手軽にピルを入手したい方にはオンラインクリニックがおすすめ
  • アフターピルの処方を希望する方は不向き

産婦人科に抵抗がある方はピルのオンラインクリニックがおすすめ

産婦人科に抵抗がある方はピルのオンラインクリニックがおすすめ
チョイチョイ

ピルのオンラインクリニックのおすすめを5つ紹介するよ!

サービス名メデリピル

マイピルオンライン

エニピル

クリニックフォア

DMMオンラインクリニック

取り扱いピル・低用量ピル6種類
・超低用量ピル5種類
・中用量1種類
・アフターピル2種類
・低用量ピル6種類
・アフターピル4種類
・生理日移動ピル1種類
・低用量ピル2種類
・中用量ピル1種類
・アフターピル2種類
・低用量ピル8種類
・中用量ピル1種類
・アフターピル4種類
・低用量ピル9種類
・ミニピル1種類
・中用量ピル1種類
・アフターピル3種類
診察時間10:00~23:008:00~20:0010:00~24:009:00~21:00平日 8:00~22:00
土日 8:00~21:00
料金プラン
(自由診療)
<定期便プラン>
ピル代2,970円(税込)
※低用量ピルの場合
<定期便>
低用量ピル 一律2,690円(税込)/月
<毎月配送プラン>
ピル代2,563円(税込)
ピル代2,783円(税込)/月<らくらく定期便>
6ヶ月ごと:ピル代13,068円(税込)/1回
※1ヶ月あたりのピル代は2,178円(税込)
診察料・低用量ピルは回数問わず無料
・中用量・アフターピルは1,650円(税込)
・初診料/1,650円(税込)
・低用量ピル再診料/550円(税込)
診療費/2,200円(税込)
※新規処方時のみ
1,650円(税込)550円(税込)
送料550円(税込)
※6シートおまとめプランは送料無料
550円(税込) バイク便/8,690円(税込)
※バイク便は梱包代として550円(税込)が別途必要
※バイク便は東京都23区内限定
385円(税込)550円(税込)無料
当日発送
締め切り時間
17:00平日17:00
土日祝日15:00
15:00 アフターピルのみ、日祝日は14:00低用量ピル15:00
アフターピル16:00
※診療時間やお届けエリアによっては対象外
平日15:30
土日祝日14:30
公式サイトメデリピルマイピルオンラインエニピルクリニックフォアDMMオンラインクリニック

メデリピル

メデリピル
出典:メデリピル
サービス名メデリピル
取り扱いピル低用量ピル6種類超低用量ピル5種類中用量ピル1種類 アフターピル2種類
診察時間10:00~23:00
料金プラン
(自由診療)
<定期便プラン>ピル代2,970円(税込)※低用量ピルの場合
診察料低用量ピル:回数問わず無料中用量ピル・アフターピル:1,650円(税込)
送料550円(税込)
当日発送締め切り時間17:00

メデリピルは診療予約から服薬中の質問や相談、体調管理まですべてLINEでサポートし、使いやすいサービスです。診療は何度でも無料で、スマホひとつで完結します。

メデリピルは以下の方におすすめです。

12シートおまとめ購入キャンペーン

キャンペーン内容12シートおまとめ購入キャンペーン
12シート総額23,556円(税込)
(初月ピル代0円、2か月目以降2,141円)
1シートあたりの金額1,963円(税抜)
キャンペーン期間2024/4/1~2024/6/30

メデリピルは現在、12シートおまとめ購入キャンペーンを実施しています。
初月ピル代0円、1シートあたりの値段が2000円以内でピルをお試しすることができます!

キャンペーンは2024/4/1~2024/6/30まで行っています!

  • LINEで気軽に相談したい
  • 何度も診療を受けたい
  • 手軽にピルを始めたい

マイピルオンライン(MY PILL ONLINE)

マイピルオンライン
出典:マイピルオンライン
サービス名マイピルオンライン
取り扱いピル低用量ピル6種類アフターピル4種類生理日移動ピル1種類
診察時間8:00~20:00
料金プラン
(自由診療)
<定期便>低用量ピル一律2,690円(税込)/月
診察料初診料/1,650円(税込)低用量ピル再診料/550円(税込)
送料550円(税込) バイク便/8,690円(税込)※バイク便は梱包代として550円(税込)が別途必要※バイク便は東京都23区内限定
当日発送締め切り時間平日17:00土日祝日15:00

マイピルオンラインは、おまとめ処方で再診料や送料が無料になるなど、続けやすい料金設定となっています。予約はWEBやLINEで簡単にでき、手軽に使えます。

マイピルは以下の方におすすめです。

  • 定期的にピルを飲みたい
  • 最短翌日にピルを受け取りたい
  • ピルを買いたい学生

エニピル(Anypill)

エニピル
出典:エニピル
サービス名エニピル
取り扱いピル低用量ピル2種類中用量ピル1種類アフターピル2種類
診察時間10:00~24:00
料金プラン
(自由診療)
<毎月配送プラン>ピル代2,563円(税込)
診察料診療費2,200円(税込)※新規処方時のみ
送料385円(税込)
当日発送締め切り時間15:00※アフターピルのみ※日祝日は14:00

エニピルは予約不要で診察が受けられます。問診票に回答し、送信すると30分以内に医師のオンライン診療が開始されます。アフターピルを希望する場合、最優先で割り込み診療が受けられ、15:00までに処方を受ければ即日発送も可能です。

エニピルは以下の方におすすめです。

  • 365日いつでも気軽に相談したい
  • ピルが必要になったらすぐ診察を受けたい
  • 継続的にピルを飲みたい

クリニックフォア

クリニックフォア
出典:クリニックフォア
サービス名クリニックフォア
取り扱いピル低用量ピル8種類中用量ピル1種類アフターピル2種類
診察時間9:00~21:00
料金プラン
(自由診療)
ピル代2,783円(税込)/月
診察料1,650円(税込)
送料550円(税込)
当日発送締め切り時間低用量ピル15:00アフターピル16:00 ※診療時間やお届けエリアによっては対象外

クリニックフォアはアフターフォローが充実しています。飲み始めで不安な時も、体調に合わせてアドバイスしてくれます。

クリニックフォアは以下の方におすすめです。

  • 最短翌日までにピルを受け取りたい
  • アフターフォローが充実しているため初めてピルを服用する
  • 多くのピルの種類から自分に合ったものを選びたい

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニック
出典:DMMオンラインクリニック
サービス名DMMオンラインクリニック
取り扱いピル低用量ピル9種類ミニピル1種類中用量ピル1種類アフターピル3種類
診察時間平日8:00~22:00土日8:00~21:00
料金プラン
(自由診療)
<らくらく定期便>6ヶ月ごと:ピル代13,068円(税込)/1回※1ヶ月あたりのピル代は2,178円(税込)
診察料無料
送料550円(税込)
当日発送締め切り時間平日15:30土日祝日14:30

DMMオンラインクリニックでは、DMM会員ならDMMポイントで決済が可能です。取り扱うピルの種類も多く、自分に合ったピルの処方が受けられます。

DMMオンラインクリニックは以下の方におすすめです。

  • 普段からDMMのサービスを利用している
  • ミニピルを服用したい
  • 数多くの種類の中から自分に合ったピルを見つけたい

名医のチョイス

目次ピルの定期便購入ならオンライン処方がおすすめピルのオンラインクリニックは3つのポイントで選ぼうピルの定期便購入におす…

産婦人科とピルのオンラインクリニックについてよくある3つの質問

産婦人科とピルのオンラインクリニックについてよくある3つの質問
チョイチョイ

ここでは、産婦人科とオンラインクリニックのよくある質問に答えていくよ!

産婦人科で診察なしでピルだけもらえますか?

ピルの処方には医師の診察が必要になるため、ピルだけの処方はできません。
例外として、何度か処方され安定して服用されている女性に対しては、診察を省略してピルを処方してくれる産婦人科も存在します。

ピルの処方は産婦人科とオンラインクリニックではどちらがおすすめですか?

それぞれのメリット・デメリットを考慮する必要があります。ピルの使用目的や費用から自分にあった方法を選択しましょう。

産婦人科でのピル処方までの流れを教えてください。

産婦人科に行った後は、以下の流れでピルが処方されます。

  • 問診票の記入
  • 診察
  • 処方

診察は血圧・体重測定などで難しいものではありません。自分の健康状態や、アレルギーの有無などきちんと把握していきましょう。

産婦人科でのピルの処方は診察なしではむずかしい

産婦人科でのピルの処方は診察なしではむずかしい

初診の場合、診察なしでピルだけを処方してもらうのはむずかしいでしょう。自分に合ったピルを処方してもらうために医師の診察は重要です。産婦人科での処方に抵抗のある女性は、オンラインクリニックをおすすめします。
それぞれのメリット・デメリットを考慮し、自分にあった方法でピルを処方してもらいましょう。