インナーケアの名医【小村菜緒先生/菜のはなインナーケアクリニック】内側からのケアで根本的に悩みを解決

梅田駅から徒歩3分、大阪駅より徒歩5分という大阪の中心地に位置する"菜のはなインナーケアクリニック"。院長の小村先生は"真の美と健康は内側から作る"をコンセプトに、内側からのケアを治療計画に取り入れ、患者さんの体質や生活習慣から個々に適した治療や指導をされています。小村先生のインナーケア治療へのこだわりや再生医療の分野など、"患者さんの美肌を叶える"上で力を入れている点について伺いました。

病気になってからではなく、「なる前に予防できる」クリニックを目指して

____小村先生が医師を目指されたきっかけを教えてください。

小村菜緒先生トキコクリニックは開業して26年になります。もともと母が始めたクリニックで、幼い頃から美容医療というものが私にとってはごく身近な存在でした。治療を受けて喜ばれる患者さんの姿を昔から何度も見ているので、「私もこんな仕事がしたい」といつからか思うようになったのも自然な流れかもしれません。

____「インナーケア」とクリニック名に名付けるのは珍しいと思いましたが、こちらも何かきっかけがあったのでしょうか。

小村菜緒先生美容医療に携わる前は、急性期の病院に勤務をしていました。そこへ運ばれてくる患者さんは、病気が重篤になってから来院される方も多く、治療にあたりながら、こんなに重い症状になってしまう前に病気の予防や、もっと早く手をうつことができないかと考えるようになりましたね。

学生時代に海外留学もしていたのですが、アメリカへ行くと予防医療のクリニックが普通に存在するんです。日本では病院は「病気になってから行くところ」でしたので、「病気になるよりも前に、体が不調になったら行く」病院が普通にあることに驚きました。

病気という診断がつく前に相談先があることは大事なことですし、いつか日本でもそんな施設の存在が当たり前になったらいいなと思って、「インナーケアクリニック」と名前を付けました。

____アメリカでは予防医療の病院が普通にあるんですね!他の美容皮膚科さんと違う点や特徴などがあれば伺えますでしょうか?

小村菜緒先生トキコクリニックは美容皮膚科として知られてはいるのですが、美容内科も昔から行っています。

例えばニキビに悩んで来院された方に対しては、お肌のピーリングをしたり、適切な外用薬を処方するといった外側からのケアは基本的に行っているのに加えて、普段の栄養状態や生活について詳しく話を伺い、様々な検査で現状を確認した上で患者さんの生活習慣に対して指導していくような、内側からのケアも積極的に行っています。

ただ、日頃からトキコクリニックへ通われている患者さんはそのことをご存じなんですけど、初めて来院された方や検索で来られる方には、あまり知られてないことを感じていたので、もっと知っていただきたい!という思いもあり、クリニック名からインナーケアを意識して入れましたね。

栄養面でのアプローチは時間はかかるけど、結果的に効果が長持ちします。

____クリニックには、どのような悩みで来られる患者さんが多いのでしょうか?

小村菜緒先生年齢層は幅広くて10代から80代の方まで来られます。10~20代の方はニキビの相談がメインで、年齢が上がるにつれたるみの相談が増えてきます。4,50代以上の方になると、更年期や全身のアンチエイジングの相談が増えてくる印象です。

ニキビの治療では、「外側からのケア」と「内側からのケア」、双方のアプローチを行うことを特にこだわっています。ニキビを繰り返しやすい方はホルモンのバランスが乱れていたり、不足している栄養があることが多いです。その患者さんに何が足りていないのか、逆に摂りすぎている栄養素はないかを確認した上で、本当に摂らないといけないものを決めていく必要があります。

____「インナーケア」専門とのことですが、具体的に栄養面でのアプローチはどのような進め方で治療されるのでしょうか?

小村菜緒先生生活習慣、普段の食生活などのヒアリングをした上で、患者さんの血液を採取して栄養の解析をかけます。栄養素と一言で言っても種類がたくさんありますので、その中でも患者さんにとっては、どの栄養素がどの程度不足しているのか、と言った栄養素のバランスが分かります。解析結果や普段の生活習慣等を元に患者さん毎にオーダーメイドでお薬やサプリの処方を決めています。

例えばニキビの場合は先ほどお伝えした通り、ビタミンやミネラル、タンパク質が不足している方が多く見受けられます。逆に摂りすぎている栄養素として、炎症の原因になるような脂質の摂りすぎが検出されることもあります。揚げ物やお菓子が好きでよく食べる方はこの成分が上がりやすくなりますので、量を控えていくと良いですね。

また逆に健康に気を遣っている方で自己流でサプリを飲まれている方だと、飲みすぎて過剰症になっているケースもあります。

____内側からのケアをプラスすることで、どのような変化が考えられるのでしょう?

小村菜緒先生普段から摂取する栄養素を変えたり、生活習慣を見直すことで、数日ですぐに変化が起こるわけではありませんが、コツコツ続けていくことで揺らぎにくい強い肌に生まれ変わっていく印象です。特に、ニキビは一度できるとぶり返すことがありますが、お肌自体がニキビが出来づらいお肌へだんだんと変わっていきますので、数日で辞めるのではなく、長期的に続けていただきたいですね。

既にへこみや赤みなどニキビ跡になってしまっている場合はPOTENZAなどの外側からの治療と内側の治療の二本立てで考えることで、ニキビの改善に相乗効果をもたらします。お肌を治すために必要な栄養素をきちんと摂ることで自分の再生能力を高めるのと、外からの治療と併用していただけると良いです。トキコクリニックでも毛穴やニキビ跡をしっかり治してくれるPOTENZAを入れておりますので、もし何かあればご相談ください。

アンチエイジングの今のトレンドは点滴や再生医療です。

____先ほどアンチエイジングでお悩みの方もいらっしゃると伺いました。アンチエイジング治療として、今力を入れて取り組んでいるものはありますか?

小村菜緒先生インナーケアとして栄養指導やナチュラルホルモン補充療法を行ったり、またお悩み毎に点滴の相談にのる事も多いです。当院は様々な種類の点滴があって、比較的新しい点滴で言うと*1NMN点滴というものがあります。NMNは「ニコチンアミドモノヌクレオチド」と言って体の中で作られるビタミンに似た物質です。糖質などの代謝に関わっていますが、加齢によって生産量が減少してしまいます。

また、NMNは老化に関わると言われているサーチュイン遺伝子を活性化することで、老化に関わる反応をストップさせ、肌細胞や体力などの身体機能を改善し、生活習慣病の予防や全身のアンチエイジングに効果的であると言われています。こちらは40代以上の方を中心に人気があります。

____*1NMN点滴は今話題になっている点滴ですよね。他にも力を入れている分野があれば教えてください。

小村菜緒先生最新の分野で言いますと、再生医療の分野で3種類の治療を行っています。まず*2幹細胞と言ってさまざまな細胞になることができる能力がある細胞を元に、取り出した活性化因子をお肌へ注入する方法があります。弱っている細胞を修復してくれたり、自らの幹細胞の働きを活発にしてくれるので、新陳代謝や血行促進、保湿力向上などのさまざまな効果が期待できます。

他に*3ACRSや*4PRP療法という治療法があります。こちらは患者さんの血液を採取して、血液内にある抗炎症成分や成長因子と言った肌質改善に必要な成分を取り出し、お肌に注入する方法です。小じわだったり、肌全体のツヤがなくなってきた方など、年齢に伴う肌質が気になってきた方や慢性的な肌の炎症が続いている方にはオススメの治療法です。

こちらの記事もおすすめ
肌の再生医療とは?エイジングケアに効果的な美容医療を紹介

インナーケアで「良い状態をキープできる」お肌を作りましょう

____最後に、今ニキビやアンチエイジングなど、さまざまな肌悩みのある方へ、先生からメッセージをお願いいたします。

小村菜緒先生患者さんは色んなお悩みを持って来られますが、一時的に症状を抑えるだけでなく、根本的に”治す”ことをゴールにできるクリニックを求めて来られる方も多いです。例えばニキビが気になって薬を塗って一旦は治ったけど結局ぶり返す…というのを繰り返すうちに、「ニキビを治すって難しいんですかね。薬に依存せずにニキビができないようにしたいんですけど」とおっしゃる方がいたり。

慢性的な肌トラブルや体調不良でお悩みの方は、一時的に症状を抑えるだけではなくて根本的に治すことをぜひ考えてみてください。症状を抑え込むことだけでなく、「なりづらい体を作る」ことも大事だと私は考えています。

ただ根本的に治すためには時間も手間もかかりますし、良くなったり悪くなったりを繰り返すこともあります。長期スパンで患者さんに寄り添い、目指したいゴールを確認しながら、そこへ向かうためにサポートしていくことの大切さを日々感じています。あくまで治すのは患者さん自身のチカラです。根本から治すために最大限にサポートしますので、一度ダメになっても諦めず、ぜひ悩んでいることは相談に来てほしいですね。

今回難しい分野の話も多かったのですが、私にも分かりやすく丁寧に説明してくださいました。今では二重まぶたなどの美容施術で病院を選ぶ時代ですが、今後は点滴やサプリなどインナーケアについても病院を選ぶ時代になっていくかもしれません。ぜひ、内側からのケアに興味がある方は小村先生へ相談してみてください。

writer: 加藤真奈

*1
■施術名;NMN点滴
■施術の説明:ビタミンに似た物質であるNMN「ニコチンアミドモノヌクレオチド」を左右どちらかの腕に点滴します(所要時間はおおよそ15〜60分)、老化による身体機能や認知機能の低下を遅らせることで健康維持、アンチエイジング、疲労回復といった効果が期待できます。
■施術のリスク・副作用:注入した部位の血管痛や熱感、赤み、発疹などの症状が出る場合があります。
■費用:100mg/回:33,000円、200mg/回:55,000円、300mg/回:71,500円

*2
■施術名;幹細胞(ヒト幹細胞培養上清治療)
■施術の説明:採取した幹細胞を体外で培養し、活性化した「サイトカイン」等の成長因子が含まれた培養上清液を注入することで細胞を修復し、肌の弾力やハリを取り戻す効果が期待されます。
■施術のリスク・副作用:注射の針跡、赤み、内出血が数日間〜2週間程度続く可能性があります。
■費用:点滴(1mL) 88,000〜176,000円、点鼻(1mL) 44,000〜88,000円、水光注射(1mL)110,000〜209,000円

*3
■施術名;ACRS
■施術の説明:患者様ご自身の血液を採取後、専用キットによって成長因子と炎症誘発性サイトカイン(IL-1)を抑える物質を抽出し、濃縮させたサイトカイン血清を用いた治療です。肌の若返り、肌質改善、肌のハリ感・ツヤ感、血行促進
■施術のリスク・副作用:内出血や軽い腫れ感、赤みを伴うことがあります。赤みや腫れは数日間、内出血は1〜2週間程度で消失します。
■費用:水光注射での1回価格 176,000円

*4
■施術名:PRP
■施術の説明:血小板が持つ、細胞の修復・再生作用により、肌自体を若返らせるアンチエイジング法です。ご自身の血液から濃縮された血小板だけを抽出し、それをお肌に注入します。
■施術のリスク・副作用:内出血や軽い腫れ感、赤みを伴うことがあります。赤みや腫れは数日間、内出血は1〜2週間程度で消失します。
■費用:1キット:66,000円

※価格は全て税込表示です。
※記載金額は取材時点での金額となります。来院される際は、必ず正確な金額をクリニックへご確認ください。

profile

小村菜緒先生

菜のはなインナーケアクリニック/院長 小村 菜緒先生
鳥取大学医学部卒業後、大阪府内急性期病院にて内科、救急、外科に従事。その後、全般的な美肌、アンチエイジングの相談等、美容皮膚科医としての経験を積む。美容皮膚科医として従事するうちに真の健康や美しさのためのインナーケアの重要性を認識。トキコクリニック25周年を機に外側からのケアだけでなく、インナーケアにも力を入れた分院を立ち上げることを決意。2022年に菜のはなインナーケアクリニック院長に就任。

関連記事

  1. 2代目バチェラー小柳津林太郎、若さの秘訣 「自己分析をして内面を磨き上げる」

  2. 鼻形成の名医【東京ヒルズクリニック】独自の技法でその方にあった”忘れ鼻”を形成する

  3. 糸リフトの名医【アリエル美容クリニック】確かな技術で、フェイスラインをしっかりと引き上げる