美肌づくりの名医【OZI SKIN CLINIC】肌の点数を最も上げるためのメニューを提案

浦和駅から徒歩1分という好立地にあるOZI SKIN CLINIC。院長の吉原糸美先生は、息をのむほど美しい肌の持ち主です。「お肌の点数をあげるための最適な施術を提案したい」と話す吉原先生に、美肌になるための秘訣を伺いしました。

____形成外科から美容皮膚科へと軸足を移していった経緯についてお聞かせください。

吉原糸美先生形成外科は輪郭を整えるフェイスリフトなど、美容外科につながるところが多く、とても魅力的なのですが、形態が整ったあとには女性は最終的に肌をきれいにしたいというところに行き着くように感じました。 美容外科のようなダイナミックな変化も魅力的ですが、皆さんがセルフケアではどうにもならないお肌のお悩みのサポートができればいいな、と思い美容皮膚科に入りました。

肌診断器を使って正確な、しみ・くすみケアを

____来院される患者さまのお悩みで多いものはなんですか?

吉原糸美先生圧倒的に多いのはやっぱりしみですね。 クリニックでしみのケアをする場合は、肌診断器のVISIA(ビジア)を使って、必ず写真撮影をしています。そうすると、しみだと思っていたのが実は赤みやニキビ跡による色素沈着だったということも分かるんですよね。 パッとみてしみだとわかるものもあるのですが、肌診断器で確認することで正確に判断するようにしています。

____肌診断器で正確に判断して頂けるとケアの効率が上がりそうですね。

吉原糸美先生そうですね。肌診断をした上で、クリニックではレーザーやスキンケアのご提案をしています。 しみのレーザーを受けたいと来られる方もいますが、その方のライフスタイルなどによっては、レーザーが向いていないこともあったりしますし、100%レーザーが正解ということでもないんですよね。 場合によってはスキンケアと内服でいきましょうとなることもありますし、ケア方法は多岐にわたります。

ピーリングで毛穴や小じわもケアも

____先生ご自身が自腹をきってでも受けたい施術を教えてください。

吉原糸美先生わたし自身が絶対にやっているのは、ピーリングと ハイフ*1、あとピコフラクショナル*2ですね。
この3つは自腹を切ってでもやりたいですし、もちろん合う合わないはありますが、みなさまにもぜひ取り入れて頂きたいです。
特にピーリングはわたしもクリニックスタッフも大好きで、本当におすすめです。 月に1回べろんと皮をむくときもありますし、予定がある時なんかは皮むけしないものを行って肌に艶感を出します。

____自分のライフスタイルに合わせてピーリングを選べるのですね。

吉原糸美先生もちろんです!やっぱり皮むけの時間がとれない方も多くいらっしゃるので、そういった場合は2週間に1回程度、皮むけしないタイプのピーリングをして頂くといいと思います。

____ピーリングはお肌にどういった効果を発揮してくれますか?

吉原糸美先生ニキビケアに使われるようなケミカルピーリング*3は角質層の汚れや黒ずみを取り除く効果があるのですが、クリニックで扱っているピーリングの中には肌の奥に浸透して真皮に刺激を与え、コラーゲンを増やしてくれるようなものもあります。 当然ピーリングなので、皮が剥けるということは古い角質や汚れがとれているのですが、さらに肌の深いところから効いて、毛穴や小じわのケアをすることも可能なんです。それを考えると、まぁ一週間くらいは皮むけしてもいいかなって思うんですよね(笑) 数多くピーリングの種類も取り揃えているので、肌悩みやライフスタイルに合わせてご提案しています。

____皮むけするピーリングとしないピーリングの種類を教えてください。

吉原糸美先生2週間おきに受けていただくのをおすすめしているのは、マッサージピール*4です。皮むけなどのダウンタイムがあまりありません。 クリニックのメニューで一番皮むけすのはトラネックスレチピール*5というもので、レチノールを高濃度で肌にいれていくタイプのピーリングになります。 トラネックスレチピールには、トラネキサム酸やビタミンC、あとナイアシンアミドといった美白有効成分が入っているので、表面のくすみをケアしながら、毛穴や小じわにもアプローチすることができます。

保湿はしすぎず、自らうるおう力を高める

____アラフォー女性がエイジングケアで気をつけることや、おすすめの成分があれば教えてください。

吉原糸美先生肌を擦らない、紫外線対策を一年中行うといった基本的なケアをすることはもちろん、個人的な見解としては「保湿をしすぎない」ことが大事だと思っています。

____そうなんですか...!保湿はたっぷりするほどいいと思っていました。

吉原糸美先生もちろんお肌の状態にもよるので、そう言い切れるわけではないのですが、ゼオスキンヘルスで有名なゼインオバジ先生の書籍にも、「保湿をしすぎると自分で保湿成分を生み出す力がどんどん弱くなっていく」ということが書かれています。 保湿をしすぎると自分の中のセラミドがどんどん減っていってしまうので、保湿を一生懸命しているのにお風呂上がりつっぱり感を感じる、といったことになります。 自分のセラミドがちゃんと増えていけば、お風呂上がりにつっぱるということは基本的にないんですよね。

____自らのうるおう力を高めるための、肌断食に近い考え方ですかね?

吉原糸美先生そうですね。ただ、何もつけないという方法は10代の頃はいいかもしれませんが、20代を境に自分で何かを生み出す力というのはどんどん衰えていってしまうので、単純に断食するだけだと皮脂がでるだけで終わってしまうんですよね。 そこで、レチノールなんです。保湿をしすぎない状態でレチノールを入れてあげるのがおすすめです。ビタミンAはセラミドなどを増やして、健康な状態へと肌を整えてくれる効果があります。 ですので、しっかり保湿をしてプラスでビタミンAをいれるというのも、何もつけないでただ肌断食するというのも、少し違うのかなと思います。 最初は少し乾燥感を感じることなどもありますが、1ヶ月を超えたあたりから、肌の調子が変わったのが分かると思います。

____先生がご自身を何かの名医だというとしたら、何の名医だと思いますか?

吉原糸美先生患者さまのお肌をみて、どういったケアがその人にとって一番良くて、お肌の点数をあげられるのかを考えてメニューをご提案することができるので、美肌づくりの名医でしょうか。

____患者さまと普段、どのように向き合われているかを教えてください。

吉原糸美先生クリニックのコンセプトにもなるんですが、いらっしゃった患者さま全員、自分の家族だと思って施術にあたるということを徹底しています。 無理にコースを進めることもないですし、必要のない施術に関しては必要ないですよ、ということもきちんとお伝えして、本当に必要なものだけをお伝えしています。 よくなるまでにかかる期間やリスクなど、そういったこともしっかりご説明をして安心してケアをして頂けるように努めています。

見入ってしまうほどの圧倒的な美肌をお持ちの吉原先生だからこそ、お話しされる内容がとても心に響きました。そして、どの質問にも丁寧に質問に答えてくださった吉原先生。患者さまにもそのように接しているのだろうなと感じました。

writer: 佐々木ひとみ

*1 施術名:ハイフ(ウルトラフォーマー3(シュリンク)) 施術の説明:HIFUとは高密度焦点式超音波であり、超音波の振動エネルギーを一点に集中させ、60℃以上の高い熱を発生させ熱タンパク変性を起こさせるものです。 施術のリスク・副作用:腫れ、痛み 回数:半年〜1年に1回 費用:スタンダードHIFU 全顔(目元は除く)120,000円/全顔(目元は除く)+顎下 135,000円/顎下 30,000円・プレミアムHIFU 全顔(目元は除く)160,000円/全顔(目元は除く)+顎下 180,000円/顎下 40,000円 *2 施術名:ピコフラクショナル 施術の説明:ピコフラクショナルレーザーは米国サイノシュア社ピコ秒レーザー、ピコシュアに特殊なレンズを取り付け、レーザーをドット状に深部に照射する方法です。 施術のリスク・副作用:赤み、腫れ、内出血、点状出血 回数:1ヶ月おきに5~6回 費用:全顔 1回 48,000円・6回 230,000/全顔プレミアム 1回 55,000円・6回 268,000円 *3 施術名:ケミカルピーリング(サリチル酸マクロゴールピーリング) 施術の説明:サリチル酸ピーリングとはケミカルピーリングの一種です。古い角質や汚れを落としつつ表皮再生を促進し、角質層の構造や機能を改善させる治療です。 施術のリスク・副作用:赤み、かゆみ。毛嚢炎​​ 回数:2週間おきに5~6回継続していただくことをおすすめしています。​​ 費用:全顔 1回 8,000円・6回 39,000円/ボディ(A4紙1枚サイズ)1回 14,000円・6回 67,200円 *4 施術名:マッサージピール 施術の説明:マッサージピールとは、イタリアのDr.Rossanaが10年以上かけて開発したHydrogen peroxide:過酸化水素と、TCA:トリクロロ酢酸を33%、コウジ酸を混合した薬剤です。TCAとは、従来ニキビ跡などの治療にも用いられていた製剤です。 施術のリスク・副作用:痛み、かゆみ、皮むけ、腫れ 回数:顔の場合は2週間に1度程度、背中やデコルテの場合は週に1回程度で計5回以上 費用:全顔 1回 15,000円・6回 72,000円/全顔~首 1回 18,000円・6回 86,000円/ボディ(A4紙1枚サイズ) 1回 22,000円・ 6回 106,000円 *5 施術名:レチノールピール(トラネックスレチピール) 施術の説明:レチノールはビタミンAのことです。レチノールは肌へ浸透していくと「レチノイン酸」という物質に変わり、皮脂分泌抑制や真皮内での新陳代謝促進、コラーゲン生成などをもたらします。肌本来を健康な状態へ戻していくため、小じわや毛穴改善はもちろん、しつこいニキビやニキビ跡にも効果が認められます。 施術のリスク・副作用:赤み、皮むけ・乾燥感、腫れ 回数:顔の場合は4週間に1度程度、背中やデコルテの場合は3週に1回程度で計4~6回 費用:全顔 1回 20,000円・6回 102,000円

profile

吉原糸美先生

オジスキンクリニック/院長 吉原糸美先生 東京女子医科大学卒。形成外科発祥の病院である東京警察病院にて研修後、昭和大学形成外科へ入局。形成外科の研修を積みつつ、「フィラーテキスト」など注入治療について数多く執筆される岩城佳津美医師や美容皮膚科治療を幅広く行う片上佐和子医師のもとで美容医療について学ぶ。

関連記事

  1. ニキビ跡の名医【はなふさ皮膚科】結果を出すことにこだわり、コンプレックスと向き合う

  2. しのぶ先生2

    ヒアルロン酸の名医【しのぶ皮膚科】自然な小顔効果と若返りで患者さまの人生を幸せにしたい

  3. ボトックスの名医【スキンリファインクリニック】肌に適度な負荷を与えることが大切。美容医療のサブスクで10年後の肌を変える