まぶた診療の名医【箱崎どいクリニック】治療を通じて患者さまのQOL向上に貢献したい。

形成外科に皮膚科のアプローチを組み合わせ、トータル的な診療を行っている箱崎どいクリニックの院長 土井 悠人先生。土井先生が目指すのは、見た目の美しさの先にある”人生の質の向上”。幅広い年代の肌悩みに向き合い続ける土井院長にお話を伺いました。

患者さまの近くで人生の質を上げる治療に携わりたい

____土井先生が形成外科の道に進まれた経緯や理由を教えてください。

土井悠人先生中核病院で研修医をしていた頃に、色々な科を経験させてもらいました。その中で、治療の結果が目に見えて分かりやすかったのが形成外科でした。 形成外科が得意とする見た目の治療は、患者さまのQOL(クオリティ・オブ・ライフ=人生の質)の向上につながるため、とてもやりがいのある医療だと感じました。

____クリニックを開業されたきっかけを教えてください。

土井悠人先生大学病院や大きな市中病院の場合は、街のクリニックで診断がつき、その紹介状を持って手術を主な目的に来られる患者さまが多いため、患者さまとのお付き合いは手術のときのみとなってしまうことが多いんです。 もちろん手術後も定期的に診させていただきますが、もう少し患者さまに近い距離感で深く関わっていきたいと考え、開業することにしました。

____箱崎どいクリニックは形成外科、皮膚科、美容外科、美容皮膚科と幅広く取り扱われていますね。

土井悠人先生当院は保険診療と自由診療を兼ねています。例えばほくろ *1でお悩みの患者さまが来院された場合、保険診療で手術をする他にも、自由診療でレーザー施術を行うこともできます。 あるいはほくろとしみが混在したケースだと、両方を複合したアプローチも可能です。これが強みと言えるかもしれません。

視界が狭くなってきたら要注意

____どのようなお悩みを持つ患者さまがクリニックに来院されますか?

土井悠人先生湿疹などの皮膚のトラブルが多いですね。その他にも、皮膚にできものができてしまったり、眼瞼下垂 *2の症状が出ているけれど、どこに相談したらいいか分からなくて来院された、という患者さまも多くいらっしゃいます。

____眼瞼下垂はまぶたのたるみと見分けがつきにくいと思いますが、症状を見分けるポイントはあるのでしょうか。

土井悠人先生「視界が狭くなってきた」というのは皆さんよく言われますね。おでこにしわが寄っている方も要注意です。 眼瞼下垂は目を開ける筋肉が弱くなったり、瞼板から外れたりすることで、まぶたが下がってくる病気です。
おでこのしわは、おでこの筋肉で引っ張ってまぶたを上げようとしていることの表れですので、街を歩いていても「あの人、眼瞼下垂だ」と分かりますね。
加齢のせいだと考えて、眼瞼下垂という病名にいきつかない方も多いのですが、若い方も無関係ではありません。ハードコンタクトレンズを長期間に渡って使っている方は注意が必要です。 片方のまぶただけが落ちてきたり、肩こりや頭痛がひどくなる場合もあるので、気になったらカウンセリングを受けるといいと思います。

ゴシゴシこするスキンケアの習慣を改めて

____先生が自腹を切ってでもやりたい施術があれば教えてください。

土井悠人先生髭の脱毛 *3はやって良かったですね。あとボトックス *4の注射もしています。
どなたかやってくださる先生がいれば、眼瞼下垂の手術もしたいと思っています。

こちらの記事もおすすめ
ボトックス注射とは? 期待できる効果や痛みについて解説

____エイジングが気になるアラフォー女性におすすめのケア方法はありますか?

土井悠人先生心がけていただきたいのは、化粧やスキンケアの際にこすらないようにすることです。
最近、化粧品の広告などでも「摩擦レス」という言葉をよく耳にするようになりましたが、摩擦は色々な肌トラブルの原因になります。
あと「10の化粧を10落とそうとしない」という考えも大切かなと思います。しっかり汚れを落とそうとして、クレンジングや洗顔で肌をこする方が肌にはよくありません。 皆さん、ご自分が思っている以上に肌をこすっているので、当院で導入している機器で肌診断をすると目の周りが真っ黒に写ります。明らかに目の周りのメイクによるものなんです。

____クレンジングでこすった部分が炎症を起こして黒く写るんですね。それを治すためにはどうしたらいいでしょう。

土井悠人先生まずは、こする習慣を改めてみてください。時間が経てば少しずつ落ち着いてくる場合もあるので。 あと紫外線対策は冬でもしっかりと行ってください。化粧下地に入っているからと、日焼け止めを塗らない方もいらっしゃいますが、それのみだと効果が少し弱いんです。
長時間外にいる時は、塗り直しも必要です。基本的なことですが、これが本当に大切です。

患者さまの喜びにつながる治療を

____先生ご自身を何かの名医というとしたら、何の名医でしょうか?

土井悠人先生難しい質問ですね(笑)。眼瞼下垂の手術はそれなりの数をこなしてきましたし、好きな手術でもあります。患者さまが「病気だと思わなかった、よく見えるようになった」とおっしゃって喜んでくださると、やってよかったなと思います。

____眼瞼下垂の治療は、まさに患者さまのQOLに直結するものですね。治療のときに心がけていることはありますか?

土井悠人先生これは形成外科医のプライドなのかもしれませんが、傷はできるだけ小さく美しく仕上げることですね。眼瞼下垂の場合は、二重の線に沿って手術するので、傷はそこまで目立ちません。 ご高齢の方はたるみも伴っている場合が多いので、皮膚を取りすぎないように注意します。

____一人ひとりのまぶたの状態に合わせて、デザインしてくださるんですね。形成外科と皮膚科の両方の観点から総合的に判断できる、土井先生ならではの強みですね。

土井悠人先生美容目的で眼瞼下垂の手術をされる場合は、自費診療になりますが、補償や修正も含めて行わせていただきます。
保険診療から自費診療まで幅広く提案できることが、このクリニックの強みかなと思います。

____最後に、土井先生が患者さまと向き合うときに心がけていることを教えてください。

土井悠人先生患者さまのニーズも色々で、ゆっくり話を聞いてほしいという方もいれば、とりあえず薬が欲しいという方もいらっしゃいます。
その方のご希望に応じながら診察にあたっていますが、どんな患者さまともできるだけ近い距離感で関わっていきたいと思っています。

患者さまの人生をより良いものにしていくための治療に尽力されている土井先生。患者さまの喜びが先生の喜びにもつながっていて、素敵なサイクルが生まれているなと感じました。

writer: 佐々木ひとみ

*1
施術名:ほくろ
施術の説明:皮ふにできたできもの、いぼやほくろの治療法は大きく分けてふたつあります。ひとつは、メスを使って切除したのち、糸で縫合する方法、もうひとつは、炭酸ガスレーザーを使用して病変を削り取る方法です。どちらがより適しているかは、できものの性状や位置、大きさなどで判断します。(炭酸ガスレーザーを利用した治療は自費診療となります)
施術のリスク・副作用:傷あとは必ず残りますが、なるべく目立たない形にします。術後3ヵ月~半年くらいかけて少しずつ成熟した白い傷あとになります。その間、紫外線などの外的刺激が加わりますと、色素沈着が残存することもありますので、露光部や間擦部では遮光テープの併用などを推奨しています。
回数:手術の場合は部分麻酔を用いた日帰り手術です。術後問題なければ、5日~7日目に抜糸を行います。
費用:3mm以下 5,500円/3mm~5mm 8,800円/5mm~ 11,000円
*2
施術名:眼瞼下垂
施術の説明:挙筋前転法による手術を行っています。
施術のリスク・副作用:まぶた周囲の薄い皮ふの下には毛細血管が密集しているため、術後の腫れや皮下出血斑が数週間から半年程度持続する方もいらっしゃいます。また副作用としては、出血や皮下血腫、感染に加え、挙上不十分、閉瞼困難、左右のアンバランスなどが挙げられます。腫れの影響は数週間~半年程度ある方もいらっしゃいますので、その後も定期的に通院していただきます。修正手術なども可能ですが、十分に腫れがひいた時点で再度確認したのちに判断することをお勧めしています。
回数:部分麻酔を用いた日帰り手術です。術翌日一度診察させていただき、問題なければ、5日~7日目に抜糸を行います。
費用:挙筋腱膜前転法(両眼)286,000円
*3
施術名:脱毛(顔全体)
施術の説明:毛周期と呼ばれる生え替わりのサイクル(成長期、退行期、休止期)のうち、「成長期」の体毛をターゲットとして毛根を破壊することで、永続的な脱毛効果を得ます。
施術のリスク・副作用:熱傷、毛嚢炎、増毛・硬毛化
回数:2ヵ月間隔 5回程度
費用:顔全体 1回13,200円・ 5回 2年コース 46,200円/顎・鼻下1回 9,900円・ 5回 2年コース 34,650円
*4
施術名:ボトックス(ボトックスビスタ) ボツリヌス製剤を注射すると、その周囲の筋肉収縮力が低下します。この性質を利用して、筋肉(しわの原因筋)にボツリヌス製剤を適量注射することにより筋肉がリラックスして動きが弱まり、表情ジワが目立たなくなります。
施術のリスク・副作用:赤み、腫れ、内出血
回数:3ヶ月〜半年に1回程度
費用:眉間 33,000円/目尻 33,000円

profile

土井悠人先生

箱崎どいクリニック/院長 土井悠人先生 2004年 福井医科大学卒業後、金沢医科大学、産業医科大学で形成外科医として勤務。大学病院や関連市中病院での勤務経験を活かし、2019年に福岡市東区に箱崎どいクリニックを開院。地域住民が気軽に相談しやすい皮膚のトータルスキンケアクリニックを目指している。日本形成外科学会専門医及び日本美容外科学会(JSAPS)会員。
問い合わせ:092-643-7765

関連記事

  1. ボトックスの名医【スキンリファインクリニック】肌に適度な負荷を与えることが大切。美容医療のサブスクで10年後の肌を変える

  2. 肌診断の名医【吉祥寺 まなみ皮フ科】肌のプロがじっくり診断!地域の人に愛されるかかりつけ院

  3. ボトックスの名医【ルアナ辻堂ビューティークリニック】湘南で愛される地域のかかりつけクリニック