たるみ治療の名医【永岡 紘子医師/麻布十番えむスキンクリニック】個々の患者さまに向き合いトータルで治療を提案

南北線・都営大江戸線「麻布十番駅」より徒歩わずか1分という場所にある麻布十番えむスキンクリニック。2023年に入職した永岡紘子先生は、患者さまそれぞれの骨格や肉付き、皮膚のコンディションを見極めたトータルデザインを提案する名医です。中でも得意とするのが「たるみ治療」。年齢を重ねるごとに幸せも積み重ねていく「ウェルエイジング」を実現するため、患者さまの心にも寄り添う治療を心がける永岡先生の美容医療への思いや信念をお聞きしました。

皮膚科よりも治療の選択肢が広がる美容皮膚科

___永岡先生が美容医療の道に進んだきっかけを教えてください。

永岡紘子先生もともとは皮膚科の医師として、大学病院などで様々な治療に携わっていました。皮膚科は、治療の成果が見た目にも明らかで、患者様が喜ぶ姿は私の励みにもなっていました。ただ、続けるうちに保険診療の枠組みではどうしても解決しきれない症状もあり、自由診療への可能性に興味が出てきたんです。自由診療である美容皮膚科は、色々な選択肢があるおかげで、患者さまのお悩みを解決できるのではないかと思いました。そこで、患者さまが望む姿をできるだけ実現したいという思いから、美容医療の道に進むことを決心しました。

___皮膚科から美容皮膚科に切り替える患者さまも多いのでしょうか?

永岡紘子先生実は私もその一人で、高校生の頃から悩まされているニキビ痕を現在もなお治療中です。当時はニキビで病院にかかるという意識が薄く、ドラッグストアで購入できる薬や海外の薬などを購入しては、自分なりに対処することもありました。ですがそれらが肌に合わなかったようで、かえって炎症も悪化した経験があります。その後、皮膚科にも通いましたが、根本的に治療したいと思い美容皮膚科に切り替えました。私自身の経験もあり、患者さまの治療の選択肢を広げるきっかけになればと思い、美容皮膚科に転科しました。

___ニキビの場合、保険診療と自由診療の治療では、どのような違いがあるのでしょうか?

永岡紘子先生保険診療の場合、最初にできてしまったコメド(ニキビになる前の毛穴がつまった状態)や炎症への治療はできますが、その後の赤い色素沈着やニキビ痕などに対する積極的な治療は認められていません。ときには「日にち薬」という言葉で治療が終わってしまうケースもあります。一方、自由診療ではピーリングやレーザーなど、治療の幅が広がるのが大きな特徴です。

患者さま個々に合わせ、トータルデザインを考えた治療を提案

___貴院のホームページに、先生のコメントとして「その方の骨格や肉付き、皮膚のコンディションを見極めたトータルデザインが得意」とあります。具体的に教えてください。

永岡紘子先生患者さまそれぞれで骨格や肉付き、皮膚の状態も違いますので、その方に適した治療を組み合わせて行っています。私が最も得意としているのは「たるみ治療」で、ヒアルロン酸だけ、糸リフトだけということではなく、「なぜ、たるんでいるのか」という原因を探りながら治療をプランニングしていきます。たるみ方や頬のこけ方でも、お一人おひとりの状態は異なりますので、同じ治療を勧めることはまずありません。ヒアルロン酸で土台を作るということはほぼ共通していますが、事前に脂肪溶解注射を施す患者さま、糸で引き上げる患者さまなど、個々にご提案しています。

こちらの記事もおすすめ
顔のたるみの原因とは?主な原因と対策方法を解説

___たるみ治療に関して、貴院で特徴的な治療はありますか?

永岡紘子先生デンシティ*1​​ という高周波による機械治療を導入しており、肌の引き上げ治療を行った際に、併せてこの機械で高周波の熱を当てることによって真皮層〜皮下脂肪にアプローチできます。例えば、口周りのたるみ治療の際、この部分はどうしてもよく動く場所ですので、ほうれい線より内側に糸リフトを施すのが難しいんです。その場合、デンシティを利用することにより、皮膚と皮下を引き締める効果、また、真皮浅層への熱作用によって、たるみはもちろん、小じわの改善なども期待できます。

___来院する患者さまは、どのくらいの年齢層の方が多いんでしょうか?

永岡紘子先生やはり、年齢的にたるみが気になる40代から60代の方が多いですね。中には、20代前半の方がハイフ治療などを希望される場合もありますが、医師の目から見ると、女性ホルモンが徐々に減少し始める30代後半からの対応でも遅すぎるとは思いません。女性の場合、加齢や出産などがホルモンバランスに影響し骨が痩せるという現象も起こりますので、なんとなく気になり始めたという時点から美容医療を検討してはどうかと思います。
ただその場合も、一気にということではなく、段階的にヒアルロン酸や糸リフトで対応することをお勧めします。定期的にメンテナンスすることで、若々しさをキープすることも可能です。

___今は若い方も「アンチエイジング」という言葉をよく使いますが、永岡先生はどのように捉えていますか?

永岡紘子先生「アンチエイジング」というとネガティブなイメージを持たれることもありますが、私は年を重ねることは決して悪いことではないと思っています。最近では、年齢とともに魅力を重ねていく「ウェルエイジング」という言葉も使うようになり、年齢を重ねるごとにハッピーでいることがなによりも大切です。そのために美容皮膚科をご利用いただければと思っています。

「どう見られたいのか」をお聞きし、患者さまの内面にも寄り添う

___永岡先生が患者さまと接する際に心がけていることを教えてください。

永岡紘子先生ほうれい線やクマなど、ピンポイントでの改善を希望する患者さまが多いですが、お話をお聞きしていると「疲れた感じに見える」「怒っているように見える」といった、他人から見た時の印象を気にされていることがよくあるんです。ただその場合には、やはり部分的ではなく、トータルでデザインしていくことが重要です。カウンセリングの際に「どう見られたいのか」ということもお聞きし、コミュニケーションを重ねながら、患者さまが求めているものを理解して治療に繋げようと心がけています。

___ということは、患者さまとの良好な関係づくりも大切だということですね。

永岡紘子先生おっしゃる通りです。カウンセリングでじっくりとお話をお聞きし、内面にも寄り添うことが大切だと言えます。一度だけではなく、定期的に通ってくださるような信頼関係が生まれれば嬉しいですね。幸い、このクリニックには長期間にわたって来院してくださる患者さまや、そこからの繋がりで足を運んでくださる患者さまも多く、その関係性を大切にしていきたいと思っています。

___最後に、美容医療に興味を持つ方へメッセージをお願いします。

永岡紘子先生美容医療はまだまだ敷居が高いと思われがちですが、どんなお悩みでも気軽にご相談いただければと思います。吹き出ものの跡が気になる、たるみがちょっと気になってきたなど、誰にでも起こる現象ではありますが、自由診療だからこそ個々に合った治療法をご提案できます。
そもそも、悩みがあるということは、ご自身に目を向け大切に考えているからこそ。それはとても素晴らしいことだと思います。その手助けをすることができれば、医師としてこんなに幸せなことはありません。

プロフィール
永岡紘子先生
麻布十番えむスキンクリニック /永岡紘子医師
愛知医科大学卒業後、川崎医科大学皮膚科に入局。皮膚科医として大学病院や総合病院に勤務するが、美容皮膚科の可能性を感じ美容皮膚科医に転科。その後、都内美容皮膚科に勤務し研鑽を積む。2023年に麻布十番えむスキンクリニック入職し、患者さま一人ひとりに合ったトータルでの治療を行っている。
<所属学会>
日本美容皮膚科学会
日本皮膚科学会
日本抗加齢医学会
問い合わせ:03-6453-6558

治療メニュー等

取材日:2024年3月8日
*1
◾️施術名:デンシティ(DENSITY)
◾️施術の説明:高出力な6.78MHzの高周波を皮膚深部に届けることで、中長期的にリフトアップ(たるみ改善)、ボリュームコントロールなどの効果が期待できる治療です。
高周波には、徐々に変化し持続的効果を発揮する「モノポーラ」、施術直後から即時的効果を発揮する「バイポーラ」がありますが、これら2種類の高周波を同時に照射することが出来ることがデンシティの特徴。「モノポーラ」による中長期的な皮膚と皮下を引き締めるボリュームコントロール効果に加えて、「バイポーラ」による真皮浅層への熱作用により、たるみや小じわの改善などの即時効果が期待できます。また、デンシティはガスの冷却機能により、高周波のリスクである火傷に考慮しながら照射することが可能。痛みの軽減にもつながるため、痛みが気になる方もお受けいただきやすい治療です。
◾️施術のリスク:
腫れ、かゆみ、熱傷、紅斑、皮膚温上昇に伴う不快感 など
※効果には個人差があります。
◾️回数と費用:
全顔 1回(※2種類のチップを組み合わせたオリジナル照射)/¥132,000(税込)


ライタープロフィール
福島和加子
ご自身の経験から美容皮膚科の可能性を感じた永岡先生の言葉には、大きな説得力があります。「ウェルエイジング」を実現できるのは、見た目の美しさだけではなく、心が前向きであってこそ。患者さまと真摯に向き合い、信頼関係をなによりも大切にする永岡先生のもとでは、誰もが理想とする幸せな年の重ね方を実現できると感じます。