総合診療の名医【医療法人社団 山本メディカルセンター】「患者さまが幸せになってくれれば、わたしは何者でもいい」

皮膚科・形成外科、内科、美容皮膚科・外科など、さまざまな角度から患者さまをサポートしている医療法人社団 山本メディカルセンターの院長 齋藤真理子先生。齋藤先生は「先生と呼んでほしいとは思ってません。患者さまが幸せになってくれれば、わたしは何者でもいいんです」とお話してくださいました。その言葉に秘められた想いについて、お伺いしました。

元々は女優志望だった

____先生のご経歴を教えてください。

齋藤真理子先生父親が医師だったので、その姿を見てなんとなくかっこいいな〜と思ってはいたんですけど、わたしはずっと女優になるのが夢でした。 幼少期に土下座して親に頼んだところ大学に入ったら自分の好きなことをしていいといわれていたので、医学部に入ってから女優業を目指しました。

____そこからどうして医師を目指されたのでしょうか?

齋藤真理子先生女優として舞台やドラマなどに出演しながら大学に通っていたのですが、大学5年生の時に女優業か医者の道か、どちらかを選ばないといけない状況になりました。
そのとき父からこれまでかかった学費を見せられ、これの返済計画がたてられるならいいぞといわれたんです。
女優業で稼ぎはしていたものの、とても返せる金額じゃなく、両親が自分にしていてくれている事の大きさを知り、簡単に自分自身の意志で辞めたりできるものではないと判断して、まずはしっかり医者の道に進んでそれでも諦められなかったら将来また女優業をやろうと思って医者の道を目指しました。

子どもに関わる仕事をするために形成へ

__そこから形成外科の道を選んだ理由は何でしょうか。

齋藤真理子先生私が入局した昭和大学は形成外科が有名な大学で、中でも口蓋裂などのお子さまを扱う小児外科が有名でした。 まだ生まれてまもない、一歳くらいの子どもたちが手術を受けるんですけど、その状況でも泣かなかったり、手術を受け入れている姿を見て色々思うことがあり、将来は小児外科や小児精神に関わる仕事がしたいと思って形成外科に進みました。

____齋藤先生は形成の専門医に加えて、分子栄養学認定医ももたれていますよね。それはどういった経緯なのでしょう?

齋藤真理子先生皮膚科・形成外科をやっていく中で、薬だけでは治らない疾患も出てきたんです。 それで、やっぱり身体の中から整えなくちゃいけないなと思って、分子栄養学の認定医をとって食生活のアドバイスもするようになりました。いまは、食事のアドバイスを求められることも多くなりましたね。

夏にこそ受けたいレーザーレブライトSI

____クリニックにくる患者さまのお悩みで多いものを教えてください。

齋藤真理子先生科にもよりますが、自費診療の美容皮膚科でいうとしみとしわがやっぱり多いですね。保険診療だとニキビや湿疹が多いかな。
あとは、特に症状がなくても受診しないと先生に会えないからって、ただお話に来てくれる患者さまもいます(笑)

____ただお話にクリニックに来られる方もいるんですか、驚きです!しみのレーザーは紫外線の強い夏はおやすみした方がよいのでしょうか。

齋藤真理子先生真皮を鍛えてターンオーバーを整え、肌の代謝をあげるレブライトSIという機器があるんですけど、それは夏こそ取り入れていくのがいいと思いますよ。 真皮を鍛えることで顔の印象が引き締まったり、ターンオーバーを整えることでしみやくすみのケアができたりします。

____確かにターンオーバーを整えてメラニンを排出するケアは夏こそ必要ですよね!しわの施術では何が人気ですか?

齋藤真理子先生やっぱりボトックス *1 とヒアルロン酸 *2 が多いですね。スレッドリフトなどの糸を入れる方法もありますが、今はヒアルロン酸が優秀になってきているので、ヒアルロン酸でもマイナス10歳くらいまではもっていけると思います。

____ヒアルロン酸でマイナス10歳ですか!

齋藤真理子先生今のヒアルロン酸は凹んだところにいれるのではなく、リフトアップさせたいところに画びょうのように打って留めるやり方が主流になってきています。 それが2年くらいもつので、簡単ですしコスパもいいですよ。

_____先生が自腹を切ってでもやりたい施術はありますか?

齋藤真理子先生ダーマペン *3とヒアルロン酸、ボトックスですね。ダーマペンは毛穴やニキビ跡にもいいですし、とても理にかなっている施術なんです。肌の質感を整えてくれる効果もありますよ。

____ダーマペンをやるとしみが濃くなるという噂を聞いたのですが本当ですか?

齋藤真理子先生肝斑がでている人だと症状が悪化することがあるので、見極めてケアをしなくてはいけません。
肝斑のある方はまずは内服を飲んでいただいて、メラニンの活性期が下がったところでダーマペンを取り入れるといいですよ。

タンパク質と鉄分が健康の土台に

____アラフォー女性におすすめの栄養素や成分があれば教えてください。

齋藤真理子先生タンパク質と鉄分ですね。ビタミンCやビタミンBなどに目がいく人が多いけど、ビタミンはあくまで補酵素で、お料理でいうと塩胡椒のような役割です。
せっかく高い塩胡椒を持っていても料理の材料がなければ料理も作れず意味がありません。その材料が、タンパク質と鉄分なんです。
とても大切な栄養素ですが、圧倒的に足りてない人が多いのが現状です。
タンパク質や鉄分が不足すると肝斑ができやすかったり、更年期障害がでたりするので、意識して摂るのをおすすめします。

____タンパク質と鉄分というと、レバーが良さそうですね。

齋藤真理子先生まさに、レバーは王様です。あと鉄分をとるには、鉄なべで料理をしたり鉄玉を入れてお湯を沸かすなどして鉄を直接取り入れる方法もありますよ。

幅広い知識と経験から、患者さまの人生をサポート

____先生がご自身をなんらかの名医だというとしたら、何の名医でしょうか。

齋藤真理子先生なんだろう…何でも屋さんなんですよね(笑)。わたしはスペシャリストではなくジェネラリストでありたいなと思っています。 総合診療心療内科というものができたのは最近の話ですが、わたし自身も幅広い知識や経験の中からその方にあった提案ができればと思っています。

____最後に、患者さまと向き合う時に大切にされていることを教えてください。

齋藤真理子先生わたしは別に、先生と呼んで欲しいとは思っていません。患者さまと向き合ったときに、その人が幸せになれる、ハッピーになれる状況を作れれば、わたしは何者でもいいと思っています。 薬を提供しなくても話すだけで元気になってくれるならそれがいいし、握手して元気になってくれるならそれでもいいなと。 病院に来て気持ちがブルーになるのではなく、ポジティブになって帰ってもらえるようにしたいですね。
とにかくわたしに会ってよかった、しゃべってよかったと思ってくれる人が増えたらいいなと思っています。

先生のカルテには、患者さまとの会話などが記されていてまるで日記のようなのだそう。人との繋がりを大切に、患者さまの幸せを心から願っている先生の言葉に胸が熱くなりました。

*1
施術名:ボトックス
施術の説明:ボトックス注射とは「ボツリヌス菌」から抽出した「A型ボツリヌス毒素」を利用した、しわ取りの治療法です。A型ボツリヌス毒素にはしわの原因となる筋肉の動きをブロックする作用があります。 しわをつくらなくすることが症状を改善し、しわが目立たなくなります。
施術のリスク・副作用:眼の異常感、眉毛下垂、眼瞼下垂、注射部位の疼痛、炎症、赤み、かゆみ、腫れ、出血
回数:3ヶ月〜半年に1回程度
費用:額 33,000円/眉間 22,000円/目尻 33,000円/額+眉間 44,000円/小顔ボトックス(エラボトックス) 55,000円 /マイクロボトックス(顔) 44,000円/マイクロボトックス(首) 38,500円 *2
施術名:ヒアルロン酸(ジュビダームビスタボリューマ)
施術の説明:アラガン社により開発された新しいタイプの麻酔入りヒアルロン酸です。2016年12月に厚生労働省により認可され、高い安産性も保証されています。ジュビダームボリューマはしわ、たるみを引き上げることでしわの解消をします。
施術のリスク・副作用:紅斑、注射部位及び周囲の疼痛、硬結、内出血、浮腫、小結節、掻痒、血管閉塞
費用:ボリューマXC(1本) 77,000円/ボリフトXC(1本)77,000円/ボルベラXC(1本)77,000円 *3
施術名:ダーマペン
施術の説明:ペンタイプの先に36本の細かい針がついており、麻酔後に顔全体に微細な孔をあけていきます。微細な孔が治る過程でコラーゲンが増生してハリ感をだし毛穴の改善やクレータの改善を促します。孔をあけているときに幹細胞培養液や成長因子などを同時に入れこんでいきます。
施術のリスク・副作用:術後数日赤みやひりつきが出ることがあります。
回数:月に一回程度。症状によって回数は異なる。
費用:22000円~(導入の種類によって異なる)

profile

齋藤真理子先生

医療法人社団 山本メディカルセンター/院長 齋藤真理子 昭和大学医学部卒。形成外科学会専門医、分子栄養学認定医、医学博士。2010年に当センターに入職し皮膚科・形成外科を立ち上げる。アンチエイジング分野にも取組み、メディカルエステ、ドクターズコスメなどの開発・販売も手がけている。2016年4月に、実父である山本勇医師から院長職を受継ぎ山本メディカルセンター2代目院長に就任。「ゆりかごから墓場まで安心できる医療体制をととのえる」をモットーに内科・皮膚科・形成外科・美容外科・訪問看護・企業内保育園・分子栄養学レストラン・発達障害児支援施設を統括している。
問い合わせ:046-872-0009

関連記事

  1. あざ治療の名医【みやびクリニック】保険診療でのあざ治療をメインに女性のコンプレックスと向き合う

  2. 婦人科形成の名医【ビスポーククリニック】デリケートな箇所だからこそじっくりカウンセリング!相談しやすい環境を提供

  3. 白壁先生

    フェイスリフトの名医【サフォクリニック】見た目を変えることで意識も変わる、そんな瞬間を分かち合いたい