トータルアンチエイジングの名医【りょうこ皮ふ科クリニック】患者さまのどんな要望にもしっかりと応えたい

北大阪急行電鉄・大阪モノレール線「千里中央駅」から直結という好立地にあるりょうこ皮ふ科クリニック。院長の西林涼子先生は形成外科専門医、美容外科専門医、レーザー専門医など、数多くの専門資格を取得されています。美容医療のメニューが豊富なりょうこ皮ふ科について西林先生にお伺いしました。

手先の器用さを生かせる形成外科に興味を持つ

____先生が形成外科医を目指されたきっかけを教えてください。

西林涼子先生父が医者だったので、小さい頃から父が周りの人に頼られている姿を見て育ちました。そういった父の姿がかっこよく見えましたし、父を見て困っている人の役に立ちたいなと思うようになったのが医師を目指した理由です。 家事とかはあまり得意ではないのですが(笑)小さい頃から裁縫だけはすごく得意で手先が器用だったので、自分の強みを生かせるのではないかと思って形成外科を選びました。 この2つが今の職業についた大きな理由ですね。

メスの向きや皮膚の持ち方にまでこだわる

____先生がお得意とされている施術を教えてください。

西林涼子先生目元の手術が得意です。特に眉下リフト(眉下切開) *1や眼瞼下垂 *2、あとクマ取り *3も得意としています。

____目元のエイジングに関する手術全般がお得意ということですね。

西林涼子先生そうですね。いまお伝えした手術を組み合わせて、トータル的に目元のアンチエイジングをおこなったりもします。 また、眼瞼下垂ひとつとっても様々な手術のやり方があるので、その方のお顔立ちやお悩みにあったやり方を選んで施術をしています。

____眉下切開は傷跡が残りやすいと聞きますが、傷跡が目立たなくなるように気をつけていることはありますか。

西林涼子先生傷をいじめずに、愛護的に扱うことが大切ですね。あと、切り方やメスの持ち方、使う糸までとてもこだわって施術しています。

____メスの持ち方でも傷跡が変わるのですね。

西林涼子先生変わります。あとは縫うときの皮膚の持ち方とか、そういった誰も気づかないような、細かいところをひとつひとつ丁寧におこなうようにしています。 形成外科出身なので細かいところまでしっかりケアができますし、傷がどのように治っていくかも理解をしているので、そこは強みかなと思います。

____数多くの症例を知っている先生から「大丈夫ですよ」と一言いってもらえたら、ダウンタイムもとても安心します。

西林涼子先生患者さまは自分以外の症例を見ているわけではないですから、ダウンタイムが正しく出ている場合でも、それが正しいかどうかの判断はできないですよね。 だから不安にならないように、しっかりと説明するようにしていますし、経過の写真もお見せして、仕上がりのイメージとすり合わせられるようにするなど、かなり工夫しています。

こちらの記事もおすすめ
目の下の脱脂とは ダウンタイムや治療方法について

充実したレーザー数。その中でもおすすめはポテンツァ

____先生はレーザー専門医をお持ちですよね。ざっくりした質問で恐縮ですが、レーザーの良さってなんでしょうか。

西林涼子先生機器にもよりますが、多くのレーザーが皮膚表面に直接的な傷をつけずに、​内側から変えられるところです。

____30,40代に人気の機器はありますか?

西林涼子先生人気があるのはピコレーザー*4です。しっかり効果が感じられますし、最近はダウンタイムが短くなっていたり、色素沈着も施術後に出にくく工夫されていたりするので、好きな方が多いですね。

____他院にはあまりなくて先生のクリニックにはある、おすすめのレーザーはありますか?

西林涼子先生ポテンツァ*5です。ポテンツァは何にでも効くんです。 肝斑、赤ら顔、ニキビ・ニキビ跡、汗管腫、あとリジョビネーションという若返りまで、モードを変えればほぼオールマイティに何でもできるところが魅力です。 特に赤ら顔は治療が難しく、これまでも悩まされてきたものですが、ポテンツァの皮膚へのアプローチの仕方はすごく納得できたのでやってみたら、とても成績がいいなと思います。

____肝斑は刺激がダメだと聞きましたが、そういったものに対しても効くのですね。

西林涼子先生肝斑はこれまでピコトーニングでしか戦えなかったのですが、ポテンツァはまた違う考え方で、活発になっているメラノソームを静めるアプローチ法で治療していきます。 ポテンツァは刺激が強そうと思う方もいるかもしれませんが、肝斑モードに関してはびっくりするくらいマイルドな施術ですよ。

____ポテンツァは高額なイメージがありますが、先生のところはチャレンジしやすい価格でご提供されていますよね。

西林涼子先生自分がユーザーだったら、どういうメニューがあると嬉しいかという目線で考えました。 ポテンツァは少なくとも3回は受けて欲しいので、細かく部位を分けて価格設定をして、みなさんに受けてもらいやすく工夫しました。

____レーザーのメニューが充実していますが、その中でも先生が特に好きなレーザーを教えてください。

西林涼子先生やっぱり今はポテンツァですね!買ってよかったなと思います。 追加で機器を導入しようとなったとき色々試して、私だけでなくスタッフもみんなポテンツァがいいというくらい、よかったです。

どんな要望にでもしっかりと応えられるように

____先生のクリニックはメニューがとても充実していますが、その理由は何なのでしょうか。

西林涼子先生患者さまから求められることに対して、穴をなくしていきたいと思って取り組んできたからだと思います。お陰で、ご要望には結構応えられているのではないかなと思います。

____先生が患者さまと向き合われる時に大切にされていることを教えてください。

西林涼子先生その方のお悩みを着実に、確実に聞き出すことです。遠慮してしまう方が多いので、まずはお話いただける環境を作るようにしています。 その上で、目指すゴールまでの予算や期間、回数など、全部見込みをお伝えしてコミュニケーションをとるようにしています。 レーザーでも3回受けていただくのって、予算的にも難しかったりすると思うんです。でもそこを信頼して通っていただけるように、その施術を受けることによってどのような経過を辿るのかまでしっかりご説明するようにしています。

「お話しするのも聞くのも好き」だとお話ししてくれた西林先生。終始とても優しい口調で丁寧に話してくださいました。スタッフさんとも仲良しで、とても温かい雰囲気のクリニックだなと感じました。ぜひ、先生のクリニックにポテンツァを受けにいきたいです!

writer: 佐々木ひとみ

*1
施術名:眉下リフト(眉下切開)
施術の説明:加齢により弛んだ皮膚を切除しながら綺麗な二重まぶたを作成します。方法としては二重のラインのところか眉毛の直下もしくは直上で弛んだ皮膚を切除します。現在の目の印象をあまり変えずに瞼のたるみだけを改善し自然に若返りたい方は眉毛直上(ブローリフト)を切開します。ブローリフトの場合は、眉毛の弛みも気になる症例の場合です。
施術のリスク・副作用:内出血、腫れ、術後の左右差、傷跡の赤み
費用:眉下リフト皮膚切除のみ 286,000円/ROOF切除 110,000円/クローズ法上眼瞼脂肪取り(両目)132,000円
*2
施術名:眼瞼下垂
施術の説明:二重手術切開法と同時に挙筋腱膜短縮術を行い、まぶたの開きを改善し目力のある綺麗な二重を作ります。眠たそうな目の印象を改善し、視野も広がり表情を明るくするばかりか肩こりや頭痛を改善する効果があります。※眼瞼下垂による肩こりや頭痛の場合によります。​​
施術のリスク・副作用:内出血、腫れ、術後の左右差、傷跡の赤み、術後の後戻り、感染
費用:切らない眼瞼下垂(両目)308,000円/挙筋前転法(両目)385,000円/クローズ法上眼瞼脂肪取り(両目)132,000円
*3
施術名:目の下のたるみ取り / 脱脂術
施術の説明:下まぶたの裏側の結膜を数ミリ切開し、はみ出している余分な脂肪を取り除きます。メスは使用せず、レーザーによる特殊な切開を行うので出血や腫れを極力抑え手術をおこないます。
施術のリスク・副作用:腫れ、術後の左右差、傷跡の赤み
費用:切らないたるみ取り(両目)264,000円/りょうこ式ハムラ法(両目)418,000円
*4
施術名:ピコトーニング
施術の説明:PTPトーニングは、ナノ秒という極めて短い時間の照射をすることで、10回~20回の照射を目安にしみや肝斑を治療してきました。ピコレーザーなら従来のレーザーの1/2の回数で除去が可能!りょうこ皮ふ科クリニックではキュテラ社のenLIGHTen(エンライトン)というピコレーザーを使用して治療しています。ピコレーザーのピコとは、Qスイッチレーザーのナノと同じく長さを表す単位です。レーザーは、照射時間が短ければ短いほど皮膚を熱変性させずに、色素を破壊させることができます。その照射時間を短くする研究を重ね、ついにナノ秒より短いピコ秒での照射ができるレーザーが開発されたのです。それがピコレーザー・enLIGHTen(エンライトン)です。
施術のリスク・副作用:痂皮、色素沈着、色調増強、強度の反応(発赤、ビッグクラスト)、腫脹、疼痛、乾燥肌
費用:全顔 1回 27,500円/全顔 3回セット 68,750円/全顔 5回セット 110,000円/リップへの追加照射 1回 5,500円
*5
施術名:ポテンツァ
施術の説明:ポテンツァ(POTENZA)は、真皮層に直接RF(ラジオ波)を照射して肌再生を促す「イントラセル」の機能に加え、RF(ラジオ派)の照射直後に薬剤を浸透させ治療効果を高める「ドラッグデリバリーシステム」を採用し、・針によって直接真皮に傷をつけて肌再生する創傷治癒 ・針から出るRF(ラジオ波)の熱による真皮のリモデリング・水光注射のように薬剤を導入、という、今までにない治療を行うことが可能になりました。 独自技術により、肝斑・にきび跡・小じわ・引き締め・美肌など、さまざまな肌のお悩み対して治療を行うことができます。 また、過去の「イントラセル」治療は強い痛みを伴うものでしたが、ポテンツァ(POTENZA)の痛みはイントラセルの1/2程度にまで抑えられています。​​
施術のリスク・副作用:施術後は施術部位に熱感や発赤、軽いむくみやつっぱり感などが出る場合があります。
回数:3回以上を推奨
費用:頬 29,700円/頬+鼻 36,300円 ★顎追加 11,000円/全顔 ¥44,000円/★フェイスライン(顎を含む顎下)追加 +16,500円/全顔+首 77,000円
※価格は全て税込表記
※記載金額は取材時点での金額となります。来院される際は、必ず正確な金額をクリニックへご確認ください。

profile

西林涼子先生

関西医科大学​​卒業後、大阪大学の形成外科学教室に入局​​し、形成外科を学ぶ。その後、複数の病院やクリニックで形成外科、皮膚疾患を学び研鑽を積んだのち、りょうこ皮ふ科クリニックを開院。レーザー専門医の資格をもたれ、レーザーを得意施術のひとつとしている。
問い合わせ:06-6873-6888

関連記事

  1. あざ治療の名医【みやびクリニック】保険診療でのあざ治療をメインに女性のコンプレックスと向き合う

  2. 眉毛下皮膚切除の名医【Jóia Clinic Kyoto】顔全体のバランスを見ながら患者さまを幸せのゴールへ導く

  3. しわ・たるみの名医【さかえクリニック】美容外科歴30年以上。結果保証で必ず満足のいく施術をお届け