注入治療の名医【山内菜都美先生/たかいわクリニック】マイナス5歳見えの自然なアンチエイジングを提案

大阪・地下鉄御堂筋線の天王寺駅直結、「都シティホテル天王寺」内にあるたかいわクリニック。医師の山内菜都美先生は形成外科専門医をお持ちで、オペなどで得た知識や経験を生かして美容皮膚科でもご活躍されています。ボトックスやヒアルロン酸などの注入系の施術がお得意だという山内先生に、美容医療にかける想いを伺いました。

____先生が形成外科医を目指したきっかけを教えてください。

山内菜都美先生最初は心臓外科や脳外科に興味があったんですけど、研修医でオペに立ち会った時、オペの最後に形成外科の先生が傷を綺麗に直したり再建したりしてくれるのを見て、形成外科もいいなと思いました。 形成外科は傷を綺麗に縫ったら綺麗に治るなど、結果が目に見えることも魅力的だなと思っています。

注入系の施術は全体のバランスが大事

____先生がお得意とされている施術を教えてください。

山内菜都美先生ボトックス*1やヒアルロン酸*2といった注入系の施術が得意です。

____30,40代の女性ですと、どういったお悩みで来られる方が多いのでしょうか?

山内菜都美先生30代の方ですと、ほうれい線や小じわが気になって来られる方が多いですね。40代になってくると頬やこめかみのコケなど、顔全体のバランスが気にされて来られる方が増えます。 30代は肌の表面に関するお悩が多く、40代を過ぎると表面だけでなくお顔の全体の造形に関するお悩みが増えるといった印象ですね。

____先生がボトックスを注入されるときに気をつけていることはありますか?

山内菜都美先生ボトックスでしっかり表情をとめてしわが寄らないようにしたい!という方もいらっしゃるのですが、1箇所だけ動きをしっかり止めてしまうと、顔の表情やバランスが崩れることがあります。 顔によって筋肉の強さも違うので、初めからしっかり止めるのではなく、一旦8割くらいで打ってみて、1週間〜2週間後に再度全体のバランスをみて調整することが多いですね。

____なるほど。全体のバランスを見て調整するということは、ボトックスはある程度いくつかのパーツをまとめて打った方がいいのでしょうか。

山内菜都美先生ご本人が気にされているところに打てばいいかなと思うのですが、例えば眉間のしわが気になる場合に、眉間だけをとめると不自然な表情になることもあるので、「眉間以外にもおでこのしわが気になりませんか、眉間に打つ薬剤の一部をおでこにしましょうか」などといった提案はさせてもらっています。

____先生からそういったご提案頂けるのはありがたいですね!ヒアルロン酸を打つときにこだわっていることはありますか。

山内菜都美先生ヒアルロン酸を打つときも、全体のバランスを大切にしていて、入れすぎないように気をつけています。 SNSなどを見て、おでこを丸くしたいとかあご先に入れたいと言って来られる方も多いのですが、参考のお写真の方と患者さまのお顔は違うので、ご本人の希望はしっかりと伺いながら、患者さまのお顔立ちにあったバランスで仕上げるようにしています。

____お顔をどう仕上げるかはご本人の希望はもちろんありますが、先生の美的感覚の部分も大きいと思います。山内先生はどのように仕上げるのがお好みでしょうか。

山内菜都美先生私個人としてはナチュラルに仕上げるのが好きです。 40歳の人が20歳に見えるようにとかではなく、マイナス5歳くらいの自然な形での若返りがいいなと思っています。同窓会に行った時に、なんか他の方よりも若いねとか綺麗だねと思ってもらえるような、ナチュラルなアンチエイジングを目指しています。

こちらの記事もおすすめ
【症状別】ボトックス注射とヒアルロン酸注射、どっちを受けるべき?

予防として美容医療を取り入れるのがおすすめ

____30代、40代の女性がエイジングのスピードを緩やかにするために取り入れた方がいいケアがあれば教えてください。

山内菜都美先生やはりボトックスは3ヶ月〜半年に1回程度、定期的に打ってもらう方がしわができるのを未然に防げるのでいいと思います。
刻まれたしわは、ヒアルロン酸で伸ばすなどでしか対応ができなくなるので、最初からしわを作らないようにすることが大切ですね。
しみもできてしまってからスポットで打つよりも、トーニング*3などで月に1回くらい定期的にケアをして頂くといいのではないかなと思います。

____肌悩みが表面化する前に、予防として美容医療を取り入れるといいということですね!

山内菜都美先生そうですね。あとは、毎日日焼け止めを塗ることや、しっかり保湿をすることなど、普段の生活でできるケアはしっかりとやって頂けるといいかなと思います。

解剖学の知識と経験をベースに、手早い施術を

____注入系の施術は解剖学を知っている先生にやって頂く方がいいというお話を聞いたことがあります。山内先生も解剖学を勉強されていらっしゃいますよね。

山内菜都美先生そうですね。形成外科医として総合病院でも働いていて、普段からオペで筋肉や血管を直に見ているため、ボトックスを打つ時も顔にどのように筋肉や血管が走行しているのかなどを理解した状態でおこなえるので、そこは強みかなと思います。

____最後に、先生が普段患者さまと向き合われる時に大切にされていることを教えてください。

山内菜都美先生ぞれぞれ美的感覚も目指しているところも違うので、患者さまの希望を細かく聞いて、できるだけ理想通りに仕上がるように努力をしています。 ただ、叶えられる理想と叶えられない理想とがあるので、しっかりと話し合ってご本人の納得がいくところを一緒に探していくことが大切だと思っています。

関西弁がとても可愛くて、お話も丁寧で柔らかく、とても和やかな気持ちで取材をさせて頂きました。顔の解剖学などにも造詣の深い山内先生に注入を担当していただけるのは、とても頼もしいなと思いました。

writer: 佐々木ひとみ

*1
□施術名:ボトックス
□施術の説明:ボトックスとはボツリヌス菌が産生する神経毒素で、筋弛緩作用があるものです。表情筋が原因となってできるしわなどにボトックスを注入し、筋肉を麻痺させて表情じわの改善をしていきます。元々、顔面神経麻痺などの治療に用いられていた安全性の高い医療技術です。
□施術のリスク・副作用:腫れ、内出血、表情の違和感、アレルギー、左右差、ごく稀に発熱や頭痛
□回数:3~6ヶ月に1回/追加施術は2週間以内を推奨
□費用:額 44,000円/眉間44,000円/目尻 22,000円/エラ 44,000 〜 ¥66,000円 ※状態により料金が異なります/顎 22,000円/全顔アレンジ※詳しくはお問い合わせください
*2
□施術名:ヒアルロン酸
□施術の説明:ヒアルロン酸は、元々人体に存在する成分で、関節内の注射薬などにも使用されています。保水力が高く、肌の張りや弾性を保つためには不可欠です。胎児の時に最も多く体内にありますが、年齢とともに減少するため、次第に肌の張りが失われしわが目立ってくるのです。 ヒアルロン酸をしわに直接注入すると、すぐれた弾力性を発揮し、ふっくらと仕上がって、しわを目立たなくします。
□施術のリスク・副作用:内出血、アレルギー、血流障害、感染
□回数:1回〜
□費用:ジュビダームウルトラ または レスチレンリド(1.0cc) 88,000円 / 本
*3
□施術名:スペクトラ
□施術の説明:アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可された医療レーザー機。短いパルス照射時間・高い出力で周囲に炎症を起こさず、確実にメラニン色素だけを破壊できるため肝斑治療にも使用できます。
□施術のリスク・副作用:かさぶた、色素沈着、色素脱失
□回数:1回〜
□費用:全顔+美容液導入+ヒーライト 39,050円/肝斑部分+美容液導入+ヒーライト 45,100円/全顔+首+美容液導入+ヒーライト 55,550円/両手の甲 27,500円/背中上部 通常価格 55,000円→¥44,000円/両肘下 55,000円 ※当院での全顔照射は、トーニング、ルートロピール、スペクトラ2020をすべて照射しております。 部分シミ取り1cmまで1 回 11,000円 追加+1,100円/mm ※シミの大きさを当院で計測し、照射いたします。

※金額は全て税込価格です。
※記載金額は取材時点での金額となります。来院される際は、必ず正確な金額をクリニックへご確認ください。

profile

山内菜都美先生

日本形成外科学会 専門医・指導医。大阪大学医学部を卒業後、大阪警察病院、兵庫県立こども病院などを経て、現在は関西労災病院医長。先天奇形から腫瘍再建、救急外傷まで幅広く形成外科診療を行っている。総合病院で形成外科診療に従事する傍ら、美容クリニックではボトックスやヒアルロン酸などの美容皮膚科のメニューを中心に活躍されている。
お問い合わせ:06-6624-2225

関連記事

  1. 再生医療の名医【M再生クリニック】これまで不可能とされてきた疾患に、夢の治療で挑む

  2. まぶたと肌の名医【千春皮フ科クリニック広尾院】先生独自のオリジナル治療法で自然な二重まぶたへ

  3. 玉城先生

    ニキビの名医【二子玉川ファミリー皮膚科 】ニキビ薬の使い方は合ってる?良いお肌を保つための定期的なケアを支えたい