エイジングケアの名医【佐々木健一郎先生/東京秘密クリニック】美容外科、美容皮膚科

東京都渋谷区道玄坂、渋谷駅から徒歩わずか3分という好立地に位置する東京秘密クリニック。2022年9月の開業以来、女性・男性問わず、美容外科・美容皮膚科・脱毛・AGA・アートメイクなど幅広い医療を提供しています。今回は「アンチエイジングの名医」としてもご活躍中の佐々木先生に、美容医療への想いなどについて詳しくお伺いしました。

ゼロをプラスにできる美容医療

____開院されて1周年を迎えられたということですが、開院に至るまでの経緯をお聞かせください。

佐々木健一郎先生大手の美容外科に勤めていた時の経験が大きく影響しています。
毎日、100人から200人程の患者さまが受診されるのですが、それだけ多くの方を診るとなると、お一人に対応できる時間はほんの数分になります。その中でお悩みやご希望に耳を傾けて、こちらからご提供できる医療とすり合わせていく。
そのことに難しさを感じ、患者さまお一人おひとりにじっくり向き合うためにも、自らクリニックを立ち上げようと思いました。

____開業されるにあたって、どのような美容医療を提供したいと思われましたか?

佐々木健一郎先生初めて美容外科を訪れる患者さまは特に緊張されている方が多いんです。「私(僕)なんかが来てもいいんでしょうか?」、「年齢的に大丈夫ですか?」というお声を耳にすることも。
そういう方でも安心して相談できる環境、想いに対して細部にまで配慮できる医療を提供したいと思いました。
それから、費用面に関しても適切な価格を設定し手が届きやすい美容医療を心掛けています。

____佐々木先生が、そもそも美容医療に携わろうと決意されたきっかけは何なのでしょうか?

佐々木健一郎先生実は、幼い頃から医療の道に興味を持っていたんです。と言うのも、家族や親戚に不幸があった時、幼心に「助けられる人になりたい、皆んなを幸せにしたい」と感じていたので。それで形成外科医を目指しました。
ですが、日々、病気や怪我の患者さまと向き合う中で、想像していた医療との間にギャップを感じ始め、精神的に徐々に追い込まれるようになったんです。私が目指した医療はこれなのかと。そこで美容医療の世界に足を踏み入れてみようと決意しました。

____保健診療と美容医療の違いは何だとお考えですか?

佐々木健一郎先生一般的な保険診療は、例えるとマイナスの状況をゼロに戻す医療なんです。一方、美容医療はゼロの状況をプラスにできる医療。大手の美容外科で数多くの患者さまを診療する中で気付いたことです。

患者さまのご希望に沿うために施術をカスタマイズ

____先生が一番得意とされている施術を教えてください。

佐々木健一郎先生多くの方がご希望されるのがヒアルロン酸注入*1​​ です。患者さまにまず、1cc、4cc、6ccといった量のヒアルロン酸を購入していただき、お顔のバランスを拝見しながら施術をカスタマイズしていきます。

____施術をカスタマイズとは、具体的にどのようなことなのでしょうか?

佐々木健一郎先生例えば小顔を望まれる患者さまには、どの部分にメリハリをつけたいのかを丁寧にカウンセリングします。横から見た時に綺麗に見せたいのか、正面から見た時にも綺麗に見せたいのかによって、おでこ、頬、鼻、顎など、ヒアルロン酸を注入する場所は1箇所に限らず、かつ人それぞれで違います。
症例写真も見ていただきながら、その方のご希望に沿うよう、細かいカスタマイズをご提案した後に施術しますので、「やはり先生の言う通りでした」と喜んでいただけます。

____貴院のように、ヒアルロン酸の量を患者自らが決め購入するクリニックは珍しいと思うのですが。

佐々木健一郎先生おっしゃる通りです。多くのクリニックの場合はヒアルロン酸注入のメニューが決められていますので、細かいカスタマイズへの対応は難しいと思います。
この施術の場合、技術やリスク、時間など、ドクターの負担は増えるんです。ですがそれは私側の問題。患者さまにとって良いと判断することであれば、当然やるべき だと思っています。

こちらの記事もおすすめ
ヒアルロン酸注射とは? 多くのパーツに効果がある美容施術って本当

評価のワケは技術力、費用設定、そして真摯な対応

____他にも、くま取り施術や二重埋没法​など、多くの施術メニューを設けておられるんですね。

佐々木健一郎先生美容外科としてだけではなく美容皮膚科、AGA治療やアートメイクなど間口を広げ、幅広く患者さまを受け入れています。
中でも、くま取り施術*2​​や二重埋没法*3​​は、当院のインスタグラムでも多くの症例をご紹介しています。美容医療の紹介サイトにも取り上げていただき、口コミを読んでわざわざ他県から足を運んでくださる方もおられます。

____美容医療の口コミとなると評価基準が多岐に渡り、かつシビアになると思うんですが。

佐々木健一郎先生技術力は絶対です。加えて、患者さまそれぞれに合わせた丁寧な施術ができているかということが肝心
例えば、先程のくま取りも全部取れば良いというわけではないんです。何より大切なのはバランス。ヒアルロン酸注入も同じなのですが、患者さまのご希望をお聞きした上で、その方に最良な施術を選択します。そこにご満足いただいているからこそ、高評価に繋がっているんだと。
それから、価格も評価の一因だと思います。当院は一般的な価格の3分の1程度に抑えていますので。

____だから、多くの方がご来院されるわけですね。診療は1時間に1人か2人だとお聞きしたのですが。

佐々木健一郎先生そうなんです。もちろん、患者さまを多く受け入れることで経営は安定しますが、そうすることでお一人おひとりの満足度は低くなると思うんです。施術に掛ける時間や技術を充実させることが、最終的にはクリニックの評価につながります。
他のクリニックで同じ施術を受けて同じ結果を得られたとしても、「時間をかけて、しっかりと向き合ってもらえた」という気持ちの部分での評価をいただくことがなによりも大切ですから。

____完全個室対応というのも、大きな魅力ですね。

佐々木健一郎先生プライバシーを守りたいという想いが強いんです。皆さん、コンプレックスという「秘密」を抱えて当院にお越しになっていますので、ゆったりとリラックスして過ごしていただけるように心掛けています。

____「秘密」と言えば、クリニック名にも「秘密」という言葉が入っていますね。

佐々木健一郎先生患者さまのコンプレックスという秘密を、周囲に知られることなく秘密のまま診療したいという意味で名付けました。そのコンプレックスを取り除くことで、自信を持っていただければと思っています。

美容について相談できる身近な存在を目指して

____佐々木先生がそこまで患者さま目線に徹することができるのはなぜでしょう?

佐々木健一郎先生当院を選んでくださった、その気持ちにお応えしたい ことですね。
美容医療に掛かる費用は、世間的に捉えればやはり安いものではありません。ドクター側からすれば別段高くはないと考えてしまいがちですが、患者さまからすれば、その数万円を握りしめて来院されているかもしれない。金額を考えると、レストランでの美味しい食事や、おしゃれなホテルの宿泊代に相当するかも知れません。
そこに配慮すれば、最大限の結果を出すのは当然のこと。もちろん、完全個室での対応もそうですし、患者さまがお帰りになる際に、でき得る限り出口までお見送りするというのも不思議ではないと思っています。

____言ってみれば、佐々木先生は「ごく普通の感覚」をお持ちなのですね。

佐々木健一郎先生そうかもしれないですね。(笑)でも考えてみれば、美容院を利用しても、見送りの際には姿が見えなくなるまで頭を下げてくださいます。その美容院よりも費用が掛かる美容クリニックの方がサービスが劣るのはおかしいかと。

____開院されて1年、振り返ってみていかがですか?

佐々木健一郎先生結論から言えば、私のやってきたことは間違っていなかった と。
固定の患者さまも増えていますし、1回限りの施術だった患者さまでも、お近くに来られた際にはわざわざ立ち寄ってくださったりします。口コミで来院される方も少しずつ増えていますし、なにより、皆さまからのお喜びの声が励みになっています。
ただ、診療の人数を限っていますので、経営のプロとは言えないかも知れませんね。(笑)

____先生が今後目指す美容医療と、読者の方へのメッセージをお願いします。

佐々木健一郎先生美容医療は自由診療ということもあり、どうしても「敷居が高い」「怖い」というイメージを持たれがちです。実際、アップセールをするクリニックもありますし。
ですが、私が一番大切にしていることは、患者さまとの信頼関係。真摯な姿勢で寄り添うことで、実績や評価も伴ってきます。もし、改善点が見つかれば、そこから学ぶことで、私としてもクリニックとしてもさらに成長していきたいと思っています。美容医療に関心を持った時には、ぜひ当院を思い浮かべていただければ嬉しいです。
私が目指しているのは、「先生なら細かいところを相談できる」「先生ならしっかりと診てもらえる」と思っていただける、「美容の相談屋さん」のような医師かも知れません。読者の皆さんにとっても、そんな身近な存在になれればと思っています。

プロフィール
佐々木健一郎先生
東京秘密クリニック/院長 佐々木健一郎
宮崎大学医学科卒業後、横浜市立大学栄共済病院形成外科に入局。その後、美容医療の世界へ。大手美容外科クリニックでの累計症例数は1万件以上。その間、部長を歴任する。2022年9月に東京秘密クリニック渋谷院を開院、完全個室対応で患者に寄り添った医療を提供している。
日本美容外科学会JSAS正会員
ジュビダームビスタ(R)認定医
ジュビダームビスタ(R)ボリューマXC認定医
ジュビダームビスタ(R)ボリフトXC認定医

治療メニュー等

*1
◾️施術名:ヒアルロン酸注入
◾️施術の説明:ヒアルロン酸は元よりヒトの体内に存在している物質です。そのため充填剤として体内に注入してもアレルギー反応が起きにくいのが特徴です。体内ではコラーゲン組織の保持、肌組織の水分・潤滑性・柔軟性の保持などの役割を果たしているので注入することで若々しさを保つことができます。
◾️施術のリスク:
・血流障害:非常にまれではありますが、血流障害が起きるリスクがあります。強い痛みを感じる場合や、皮膚の色味の変化がある場合、何か異変を感じた場合はすぐにご連絡ください。
・感染:まれに感染を起こす場合があります。腫れが5日以上引かない、赤みが日ごとに増している、触れた時に痛みや熱感があるなどの症状がある場合はすぐにご連絡ください。
◾️回数と期間:
・ヒアルロン酸 FinefaL:1回の施術で6ヶ月効果が持続
・ジュビダーム ウルトラプラスXC:1回の施術で9〜12ヶ月効果が持続
・ジュビダーム ボリフトXC:1回の施術で12〜18ヶ月効果が持続
・ジュビダーム ボリューマXC:1回の施術で24ヶ月効果が持続
・クレヴィエル・コントア:1回の施術で12~15ヶ月の持続
◾️費用(※別種類のヒアルロン酸のご用意可能 ※すべてモニター価格あり)
【額】価格:196,000円(税込215,600円)~
※ジュビダームボリューマ 4㏄の場合のご料金
【鼻】価格:42,000円(税込46,200円)~
※クレヴィエル・コントア 1㏄の場合のご料金
【顎】価格:42,000円(税込46,200円)~
※クレヴィエル・コントア 1㏄の場合のご料金
【ほうれい線】価格:119,000円(税込130,900円)~
※ジュビダームボリューマ 2㏄の場合のご料金
【唇】価格:119,000円(税込130,900円)~
※ジュビダームボリフト 2㏄の場合のご料金
【涙袋】価格:59,500円(税込65,450円)~
※ジュビダームボリフト 1㏄の場合のご料金
【首のシワ】価格:196,000円(税込215,600円)~
※ジュビダームボリフト 4㏄の場合のご料金
【頬/リフト】価格:178,500円(税込196,350円)
※ジュビダームボリューマ 3㏄の場合のご料金
*2
◾️施術名:くま取り施術
◾️施術の説明:切らない目の下のくま取り=経結膜脱脂法といいます。簡単に言うと“下まぶたのふくらみを取る”手術です。目の下のたるみの原因の一つとして眼球下にある眼窩脂肪が前方に突出することで下まぶたがふくらみ、たるみを引き起こします。この脂肪をまぶたの裏側から取り出すことでたるみを改善します。
◾️施術のリスク:
・小ジワができるリスク:眼窩脂肪の突出が長い間続くと皮膚の弛みが出てきます。皮膚の弛みが出ている場合、脂肪をとると皮膚の弛みとして小じわが出てしまいます。解決方法としては表から余った皮膚を切開することで、皮膚のたるみを除去できます。
・目の下がくぼむリスク:脂肪をとった後に目の下が窪んで見えてしまう方が中にはいます。そういった方は最初から窪んでいる方や脂肪のとり過ぎで窪んでしまうパターンがあります。当院ではその人に合わせて脂肪をとる量を調整していますのでご安心ください。
・比較的起きやすいリスク:内出血や腫れ、目のごろつきが比較的起きやすいリスクとして挙げられます。内出血が起きた場合、2日ほどは冷やしていただき、3日目以降内出血が吸収され出して皮膚が黄色く変わってきたら温めていただくとより早く引きます。当院では電気メスを使用しており、その後もバイポーラで焼き切りながら手術を行なっているため出血は比較的少ないです。
◾️回数と期間:一度の手術で半永久的な効果を出せます。他院での失敗症例などの修正手術も行っております。
◾️費用:
【くま取り】125,000円(税込)~※モニター価格
切開時、メス刃を使用し粘膜を切開していきます。切開後にバイポーラ(止血機器)で止血しながら脂肪を除去していきます。
【くま取り(電気メス使用)】150,000円(税込)~※モニター価格
切開時、モノポーラ電気メスを使用し切開していきます。電気メスでは止血しながら切開が可能となるため、通常のメス刃での切開と比較し内出血が出ずらい事や傷の治りが綺麗、腫れが出ずらいなどのメリットがあります。内出血が心配な方や、傷の治りに不安がある方はこちらがおすすめです。
*3
◾️施術名:二重埋没法
◾️施術の説明:人は第一印象で決まるとメラビアンの法則で言われています、その第一印象のほとんどは見た目で決まります。その中でも、目は顔の印象の中で最も大事なパーツです。二重とは、瞼の裏に軟骨でできている瞼板といわれるものがあります。そこから眼瞼挙筋という筋肉でまぶたが開きますが、その眼瞼挙筋の枝が皮膚まで伸び、まぶたが開く時に引き込むことで二重ができます。簡単にいうと一重の方はこれが起きていません。二重埋没とはそこを糸で縫合してあげることで、この仕組みを作ってあげることを言います。
二重埋没法の種類には瞼板法と挙筋法の2種類あります。
瞼板法は、糸を瞼板から糸をまぶたの皮膚に通して結ぶことで二重を作る方法です。手術後は糸が瞼板上に露出するため、ゴロゴロとした違和感がある場合がありますが、徐々に慣れていきます。瞼板法は皮膚のたるみが少ない方に適した施術で、腫れや内出血が少ないといわれています。
挙筋法はまぶたの皮膚と瞼板の先についている眼瞼挙筋を結びつけ、二重を作る手術です。
結んだ糸が瞼板上に露出しないため、角膜に触れてゴロゴロするということがなく、角膜を傷つけることが少ないことが特徴です。まぶたの皮膚のたるみを改善したい方にもお勧めの治療法です。
二重埋没法では、希望の二重幅、まぶたの状態、手術の既往歴、アイプチの使用期間、まぶたの厚みなどによってご提案する点数、留め方が変わることがあります。術前のカウンセリングで必要最小限の点数、留め方で手術をご提案させていただきます。
◾️施術のリスク:
・ダウンタイム:内出血や腫れが1週間ほど出る場合があります。
・糸玉が見えるリスク:浅い場合透けて見える場合があります。当院では深く埋め込んでいるため起きづらいです。また異物に反応して肉芽腫と言われるポコつきができる場合があります。その場合もご相談ください。
・糸が緩むリスク:埋没法の場合糸が緩むリスクはあります。保証期間内で留め直しの対応をさせていただきます。
◾️費用:
二重埋没法(保証料別途)
【両目2点留め】¥49,800
【両目3点留め】¥74,500
【追加1点】¥9,800


ライタープロフィール
福島和加子
佐々木先生の実直な人柄を終始感じるインタビューでした。敷居が高いと思われがちな美容医療の世界ですが、そこに一石を投じる価格設定も含めた施術のあり方。そこには、佐々木先生の揺るぎない技術力と、患者さまへの真摯な姿勢が現れています。「美容の相談屋さん」として、今後ますますクリニックを訪れる方が増えていくはずです。