秋間雄策先生

たるみ治療の名医【フローラクリニック】エンタメ性のあるクリニックでリラックスした施術を

東京都・池袋駅から徒歩7分の場所にあるフローラクリニック。院長を務めるのはさくちゃん先生こと、秋間雄策先生です。僕、オタクなんですと話してくれた秋間先生は2021年に「美容医療×エンターテインメント」という革新的なクリニックを開院しました。秋間先生の美容医療にかける想いを伺います。

より自信を持って生きてもらうための医療を提供したい

____どうして美容外科という道を選ばれたのか、これまでの経緯について教えてください。

秋間雄策先生研修先の病院を探していた大学生時代、とある病院で「美容外科医になりたい」と話す研修医に出会ったんです。当時はそこまで美容医療が世間に認知されていなかったので、美容外科医になるという選択肢があまり一般的ではなくて、「そんな科があるんだ」と衝撃を受けました。 また、別の先生からも「コンプレックスを改善することで今後の人生をプラスにして、自信を持って生きてもらえるような治療がしたい」という言葉を聞いて、すごく共感したんです。僕がやりたい治療に近い部分があるなと感じました。

____では、すぐに美容外科の道に進まれたのですか?

秋間雄策先生いえ、最初はいろいろな研修先を回った後、頭頸部外科に進みました。 とてもやりがいのある仕事ではあったのですが、どうしても「健常者の生活をよりよくしていく」という医療に魅力を感じていて。大学生の頃感銘を受けた言葉を思い出し、何年もかかっちゃったけど、結局僕のやりたいことは美容外科なんだなと思い直したことから、大手の美容クリニックなどで美容外科医としての経験を積みました。

____そこからなぜ開業に至ったのでしょうか。

秋間雄策先生それぞれのクリニックには経営方針があるので、どうしてもできる治療が限られるんです。例えば僕はカウンセリングにしっかり時間をかけたいんですけど、雇われていると難しいときもあります。 自分のやりたいことを突き詰めるには開業がベストなのだと感じ、フローラクリニックを開院しました。

皮膚についての知識は豊富。施術にはとことんこだわります

____フローラクリニックに来られる患者さまに多いお悩みを教えてください。

秋間雄策先生しみやそばかす、二重ですかね。 しみやそばかすなど、色素に関するお悩みに関してはピコシュア*1という機械での施術をおすすめしています。 これは美白に対するアプローチに関して私が世界最強だと思っている機械で、タトゥーやアートメイクなんかもこれで消すことができます。 しみへのアプローチとして、濃いしみを薄くするといった施術はよくあるのですが、ピコシュアは薄いしみにも効果てきめんです。ファンデーションを塗らなくてもいいくらいの、きれいな肌を目指せます。

こちらの記事もおすすめ
しみは年齢を重ねるとできやすくなる? 30代からのしみへの対処法

____NOファンデ肌、かなり魅力的です…! 先生も使われているのでしょうか?

秋間雄策先生僕も17回ほど打っていて、かなりきれいになりました。うちに通ってくれている人の肌がどんどんきれいになっていって、それを見た知り合いの方が通ってくれて…と口コミで施術を受けに来てくれる方も多いですね。 僕、オタクなので好きなことにはこだわっちゃうんです。皮膚についてすごく勉強したので知識があるし、それを患者さんにもしっかり説明したいし、機械にもこだわりたい。だからこそ、ピコシュアは自信を持っておすすめできます。

____先生は二重の施術もお得意だと伺ったのですが、どのような施術をされているのでしょうか。

秋間雄策先生二重に関しては、自然癒着法*2という埋没法の中でも特別な技法でラインを作っています。韓国では割と流行っているのですが、日本ではまだあまり浸透していない方法です。 よくあるのは糸を輪っか状に何点か留めていく埋没法と、切開して二重のラインを作る切開法*3。自然癒着法はこの従来の埋没法と切開法の中間地点にある技法だといわれています。 従来の埋没法は皮膚を切らなくていいものの、二重のラインが取れやすいことがデメリットなんです。切開法だと半永久的にラインは取れないけれど、傷跡が絶対に残ってしまうし、元に戻すことができません。 その点、自然癒着法は切開せずに糸を入れるので糸を取れば元にも戻せるし、やり直しもききます。さらに、糸を入れ続けていると皮膚とその下の組織が癒着してくれるので、糸が取れても戻りにくいんです。

秋間雄策先生また、糸が1本なのもメリットですね。従来の埋没法だと、2点留めなら2本の糸を使います。そうするとどちらかに付加がかかり、片方だけ取れて不自然なラインになるということがありえるんです。 しかし自然癒着法の場合は、2cmほどの長い糸1本で施術を行うので、一部だけ取れてしまうことがありません。また、まばたきをしていても糸がクッションのような役割を果たして衝撃を全体に分散してくれるので、緩みにくいこともメリットとして挙げられます。

トータルで輪郭の形成をしていくことが、アンチエイジングには大切

____すべての施術にこだわりを持たれているようですが、先生はご自身を何の名医だと思われますか?

秋間雄策先生アンチエイジングの一環として行う、たるみ治療ですね。 輪郭として美しいとされている逆卵型の輪郭をキープするには、まずはこめかみからおでこにかけてのラインが丸いことが大切。この部分がくぼんだりボコボコしたりしてきた場合は、ヒアルロン酸*4を入れて形を整えていきます。 そして頬骨から下の部分は、多くの場合たるみが原因です。重力に負けて組織が口元まで落ちてしまっていることが多いですね。この場合は、落ちてしまったものを糸リフト*5で戻してあげるのが一番きれいに仕上がります。
僕自身も年に1回程度糸リフトを継続していて、今年42歳になりますが卵型の輪郭をキープできています。

____糸リフトに関しては、主にどのようなデザインをされているのでしょうか。

秋間雄策先生僕の場合、糸をクロス型に入れていきます。口元の部分を耳の方に引っ張るベクトルの糸と、上に持ち上げるベクトルの糸を両方入れてあげるんです。 クロスして入れることで、凹んでしまった部分に脂肪をしっかり戻してあげられるようにデザインできるので、きれいな逆卵型の輪郭を作ることができます。元あった場所に戻してあげるだけなので、施術の効果が長く続くこともメリットです。 それでも凹んでいる部分が強ければヒアルロン酸を足し、多い部分の脂肪を減らしてあげるなどしてバランスをとっていく。そうしてトータルで輪郭の形成をしていくことが、アンチエイジングではとても大切だと思います。

緊張をほぐす仕掛けは万全! リラックスした状態で施術を受けてもらうことが目標

____治療一つ一つにこだわりを持たれているのですね。では、患者さまとはどのように向き合われているのでしょうか。

秋間雄策先生施術にはリスクやデメリットもあるので、ちゃんと全部を説明した上で決断して欲しいんです。後から知って後悔するのは悲しいので。手術なんて特に5〜10分で終わる話じゃないので、時間をかけてじっくり話して、自分で理解した上で決めてもらうっていうのが大事かなと思っています。 あとは、満足してもらうのが何よりですね。口コミを書いてくださる方も多く、自分でもびっくりするほど評価が良くて。たまに厳しい意見もありますけど、概ねいいこと書いてくれていて、僕が今まで頑張ってきたことが認められてるのかなと思って嬉しいです。

____秋間先生の優しい人柄も、評価に表れているのかもしれませんね。また、フローラクリニックはかなり個性的なデザインで作られていますが、どのようなこだわりがあるのでしょうか。

秋間雄策先生患者さんにリラックスしてもらうために、コンセプトをエンターテインメント性の高いクリニックにしているんです。 入り口から「入るとこ間違えたかな?」って思うくらいインパクトのある作りになっているし、楽しんでくれたらいいなって。びっくりしてもらって、緊張が飛んでっちゃうようなクリニックがいいなと思うんですよね。 手術の時って、緊張で自分のなりたい姿を正確に言えなくて先生に言われるがまま施術してしまう人もいるんですけど、そうじゃなくて自分の想いを言いやすいリラックスした空間にしていきたいんです。 普段美容とかにあまり触れてこなかった人にも興味を持ってもらって、美容医療自体を一般化していくことにも貢献していきたいですね。

「さくちゃん先生です」と和やかな雰囲気で迎えてくださった秋間先生。医師の顔以外にも、声優を目指されており、朗読劇の主催まで手掛けているとのこと。秋間先生の幅広い活動の中で、美容医療がさらに広まっていく未来が見えるようでした。

writer: 比嘉桃子

*1
■施術名:ピコシュア
■施術の説明:ピコシュアは、従来のナノ秒レーザーよりも非常に短時間で照射することができる革新的なレーザーで、熱の作用が少なく、ダメージを残しづらい治療です。
「シミ」「シワ」「ニキビ跡」「入れ墨(タトゥー)」と、多くの分野でアメリカFDAの許可を取得しています。
ピコレーザーは、熱作用だけに頼るのではなく、フォトメカニカル効果を引き起こし、ターゲットを振動させて粉砕させるのが特徴です。
熱によって組織損傷のリスクをより少なくするとともに、超短時間で照射するため、熱の拡散が少なく周囲組織へのダメージが少なくなります。
肌組織への影響が少なく済み、炎症後の色素沈着も少なくなります。
■施術のリスク・副作用:痛み・赤味・熱感・色素沈着・肝斑の悪化
■回数:1回~24回程度(参考程度)
■費用:ピコスポット 1ショット 1,000円/ピコトーニング 18,000円(初回 20,000円)、6回 93,500円、12回 160,000円/ピコフラクショナル 40,000円
*2
■施術名:自然癒着法(二重埋没法)
■施術の説明:「二重整形はやってみたいけど、切るのは怖い」という方にピッタリ。
傷がほとんどつかず、腫れも少ない特殊な方法を用いています。
特殊な術式や、二重専用の、髪の毛よりも細い医療用の特別な糸を使用するため、糸が透けたりゴロゴロ感が強く出ることはほとんどありません。
■施術のリスク・副作用:術後の痛み・腫れ、感染、左右差、後戻り、眼症状など
■回数:1回
■費用:275,000円
*3
■施術名:二重切開
■施術の説明:二重切開法は、まぶたが厚い・腫れぼったい、皮膚にたるみがある、蒙古襞が強く張っている、埋没法ではハッキリとした二重のラインができない方などにおすすめの方法です。
希望の二重幅をデザインし、まぶたの皮膚を切開して理想的な位置で縫い合わせることにより、半永久的な二重のラインを作ります。また、腫れぼったい印象となる原因の目の上の脂肪も、同時に除去することですっきりとした目元になります。
■施術のリスク・副作用:当日から翌日に強い腫れがみられ、1週間ほどで少し引いていきます。傷口は術後2週間ほどまでは赤みが目立ちますが、お化粧でカバーできますし、目を開けている時には目立ちません。1ヶ月ほどで赤みは引き、自然に仕上がります。
術中は局所麻酔をしているので無痛です。術後2~3時間すると痛みや熱感を感じます。1週間で徐々におさまりますが、触ると痛い期間は2週間程度あります。
まれに内出血が生じることがあります。化粧は抜糸後から可能ですので、傷跡や内出血を隠すことができます。
■回数:1回
■費用:218,000円
*4
■施術名:ヒアルロン酸
■施術の説明:ヒアルロン酸は元々体内に存在する物質で、肌の弾力性などを支えてくれる保水成分のことです。
このヒアルロン酸を気になる部位に注入することで、深く刻まれてしまったお顔のシワや、ほうれい線の溝を改善したり、可愛らしい涙袋や、細く通った鼻筋を作ることも可能になります。
ヒアルロン酸自体が元々体内に存在する物質なので、注入後の副作用も起こりにくく、安全性も高い施術になります。
注入可能な部位も幅広く、また、即効性があるため、直後から効果を実感して頂けます。
■施術のリスク・副作用:内出血、腫れ・むくみ、痛み、血管閉塞、感染症、アレルギー反応
■回数:1年に1回程度
■費用:1ccあたり 35,000~65,000円
*5
■施術名:糸リフト
■施術の説明:糸リフト(スレッドリフト)は、医療用の特殊な糸を使って皮膚のたるみを内側から持ち上げるリフトアップ術です。
また、この特殊な糸を皮下組織に挿入することで、コラーゲンが増産され、リフトアップ効果を持続させてくれる他、肌のハリやツヤを出してくれるようになります。
メスを使わずに、髪の毛の生え際など目立たない位置にごく小さな穴をあけるのみで、重力によって下がってしまったお顔のたるみを内側から持ち上げます。尚、針の跡がつくことはありません。
■施術のリスク・副作用:内出血、腫れ
■回数:1年に1回程度
■費用:2本  96,800円/4本 176,000円/6本 250,000円/8本 330,000円/10本 396,000円/12本 460,000円

profile

秋間雄策先生

フローラクリニック/院長 秋間 雄策 先生

千葉大学医学部附属病院頭頸部外科に入局。その後複数の美容クリニックに所属し、2021年、オタク文化が栄える池袋にフローラクリニックを開院。 自身もコスプレイヤーとして活動するなど、エンタメ分野でも幅広く活躍している。
問い合わせ先:03-6384-7787

関連記事

  1. ボトックスの名医【ルアナ辻堂ビューティークリニック】湘南で愛される地域のかかりつけクリニック

  2. 自分の人生をアレンジして心地よい空間を築くこと。林みなほが美しく進化し続ける理由

  3. 美肌づくりの名医【OZI SKIN CLINIC】肌の点数を最も上げるためのメニューを提案