中山樹先生

二重埋没法の名医【アーモンドクリニック】不安な気持ちに寄り添い、高度なテクニックで理想の二重に近づける

市ヶ谷駅より徒歩1分という好立地にある、二重埋没法を専門としたアーモンドクリニック。院長を務めるのは中山樹先生です。カウンセリングは医師が担当する、施術後もLINEでアフターフォローを受けられるなど、安心のサービスがたっぷりの当クリニック。どのような想いでクリニックを立ち上げられたのか、中山先生の美容にかける想いを伺いました。

____美容医療の道を選ばれた理由を教えてください。

中山樹先生元々は内科にいて、不調を抱えた患者さんを元の状態に戻すという、マイナスをゼロにするところに重きを置いた治療に携わっていました。 美容医療は、ゼロからプラスを作ることを重点とした分野です。お客様の今後の人生に対してプラスの部分を提供できるというところに魅力を感じて、美容医療の世界に入りました。

独自の技術でデメリットを克服。跡が残らない「裏留め」での埋没法を自信を持って提供

____自身を「〇〇の名医」というとしたら、何の名医だと思われますか?

中山樹先生「二重埋没法*1」の名医です。 クリニックを開業する前は大手クリニックで働いており、当時から埋没法の施術は好評でした。満足度が高い施術をお届けできるのは強みかなと思っております。 埋没法の中でも、裏留めができるドクターは結構限られているんです。大手でも数少ないため、そうした施術を提供できることも理由の一つですね。

____裏留めは他の施術に比べて珍しい、ということでしょうか。

中山樹先生他のクリニックでも提供しているところはありますが、少ないと思います。裏留めはとてもいい方法にも関わらず、抜糸が難しいことからあまり採用されていないんです。しかし、当院では研究を重ね独自の抜糸技術を取り入れ、より簡単に抜糸ができるようになりました。そのため、安心して裏留めの埋没法を受けていただけます。

____いろんな施術を取り入れることなく、二重埋没法に特化しようと思われたのはなぜですか?

中山樹先生美容外科のクリニックでは、たまに埋没法が格安でできるみたいな広告を見かけることもあります。でも実際はかなり腫れてしまったり、安い埋没法では理想の二重が作れないからと数十万円する施術を勧められることもあるんです。 そうしてお客様への不利益が出てしまう現状を変えたいと思い、埋没法専門のクリニックを立ち上げました。うちでは仕上がりが汚かったり、ダウンタイムが長すぎたりするような埋没法は提供していません。本当にいい術式を、必要としている人に届けたいと思っています。

____埋没法だけを扱った専門クリニックというのは珍しいですよね。

中山樹先生二重施術には大きく分けて埋没法と切開法があるんですけど、基本的に初めての二重整形だったら埋没法で十分な人がほとんどです。 切開法だと戻せなかったり、ダウンタイムが非常に長かったりと、不安を感じる人が多いはず。気に入らなかったら元に戻せるし、やり直しも効くし、内出血とか腫れに関しても少ないという部分で、美容医療の入り口として埋没法を提供していきたいなと思っています。

お客様の不安な時間に全力で寄り添いたいからこそ、カウンセリングは医師が丁寧に行う

____二重の施術では、デザイン決めがかなり重要かと思います。アーモンドクリニックではどのようにデザインを決めていくのでしょうか。

中山樹先生二重はデザインが命です。当院は、独自の『二重お好みメニュー』をご用意しております。二重といっても色々な形があるので、モデルさんの目からお好みの写真を選んでいただき、希望に合う二重をより詳細にヒアリングできるよう努めています。 また、診察室にアイプチ用のプッシャーを置いているので、普段のアイプチの幅や好みのデザインをお客様に提示していただきながら、その後シュミレーションを行い決めていきます。うまく言葉で伝えられない方でも、理想のデザインを伝えていただきやすい環境を整えました。 医師からデザインを押し付けることはありませんが、どんなデザインがいいかわからない方には何通りもシミュレーションを出してすり合わせます。

____カウンセリングに力を入れてらっしゃるのですね!

中山樹先生アーモンドクリニックでは最初から医師がカウンセリングを行っているんです。目の状態をしっかり見て提案ができますし、専門知識を交えながらお話するので無理に高いメニューを勧めることも絶対にありません。 カウンセリングには大体30分程度はかけていますね。デザイン決めは特にお客様が不安な部分かと思いますので、時間をかけてお話ししています。

____アーモンドクリニックでは、どのような糸を使って施術されているのでしょうか。

中山樹先生通常の埋没法で使われている糸は、皮膚の縫合で使われているようなものなんです。うちで採用しているのは、心臓血管外科が血管の縫合に使う糸。血管の縫合は絶対に切れてはいけないものなので、すごく強く作られています。また、細い糸なので繊細なデザインが作れます。 埋没法の二重が取れてしまうのは、糸が切れた時と、結び目がすべって解けた時が多いんです。うちが使っている糸は細いのに強度が高く滑りにくいので、埋没法も取れにくくなります。
よくオプション価格にされているクリニックが多いですが、当院は皆様に同じようにご満足いただけるよう最初から使用しています。

____手術となると痛みが怖い方もいると思います。そうした方には何か対処法があるのでしょうか。

中山樹先生局所麻酔に加えて、笑気ガス麻酔も使用しているので安心かと思います。 また、お客様に最大限リラックスしてもらえるよう、院内の音楽をお客様の好きな音楽に変えられるようにしました!
もちろん手術の腕は大事なんですけど、なるべく不安を取り除くことも大事かなと思っていろいろと準備しています。

お客様の気持ちに寄り添えるような工夫を常に考えています

____すごく患者様思いのクリニックですよね。患者様と向き合う中で、大切にされていることはありますか?

中山樹先生お客様の不安な気持ちにできる限り寄り添っていきたい、という想いで接しています。 埋没法は比較的簡単な施術ではありますが、お客様は少なからず不安な気持ちを抱えていると思います。そこをなるべく和らげてあげられるような工夫をしたい、何かもっとよくできることはないかなと常に考えていますね。

____素敵です! 中山先生の元に通いたいという方も多いんじゃないでしょうか?

中山樹先生実は、通いたいから埋没法以外もやってほしいと言ってくださるお客様が多いんです。埋没法だと通えないですからね(笑)。 これまで在籍していたクリニックではいろんな経験をしてきましたし、勉強もかなりしていたので、今後違う施術も取り入れていけたらいいなと思っています。 自分の納得のいかないことはしたくないので、もし今後埋没法以外のメニューを増やすにしてもアップセールはせず、自信を持っておすすめできるものだけを提供していきたいです。

こちらの記事もおすすめ
たるみに即効性のある施術はどれ? 美容医療の選び方

中山先生のご友人医師の紹介

HAAB DREAM BEAUTY CLINIC 田中優太先生

中山樹先生JR原宿駅から徒歩3分のところにあるHAAB DREAM BEAUTY CLINIC。院長 田中優太先生への取材記事はcoming soon!

柔らかく話しやすい雰囲気で、他の患者様が「通いたい」とおっしゃる意味がすごくわかります。また、利益目的の営業はしたくないと何度も話されていたのが印象的。本当に患者様のことを考えていることが伝わり、信頼できる先生だなと感じました。

writer: 比嘉桃子

*1
□施術名:埋没法(シークレットコスメ)
□施術の説明:埋没法(埋没二重)とは、まぶたの皮膚を切ることなく医療用の細い糸を使用し瞼の内側を数箇所縫い止めることで、二重を作り出す方法です。
□施術のリスク・副作用:内出血、腫れ、左右差、角膜損傷
□回数:1回
□費用:片目 118,000〜208,000円 / 両目 158,000〜358,000円
※金額は全て税込価格です。
※記載金額は取材時点での金額となります。来院される際は、必ず正確な金額をクリニックへご確認ください。

profile

中山樹先生

アーモンドクリニック/院長 中山 樹 大手美容外科クリニックを経て、2022年9月アーモンドクリニックを開院。「日本唯一の埋没二重整形専門院」として、理想の目元に近づくための施術を行う。カウンセラーのいないクリニックであり、自らもカウンセリングから施術まで担当している。
問い合わせ:03-5946-8027

関連記事

  1. まぶたと肌の名医【千春皮フ科クリニック広尾院】先生独自のオリジナル治療法で自然な二重まぶたへ

  2. リバースエイジングの名医【あじまビューティークリニック】時間を巻き戻すような自然なアンチエイジングを

  3. しわ・たるみの名医【さかえクリニック】美容外科歴30年以上。結果保証で必ず満足のいく施術をお届け