ホルモン治療の名医【よこすか内科小児科・はるこレディースクリニック】オーダーメイドのレディース検診と漢方外来で健康と美しさを手に入れよう!

思わず婦人科の検診に行きたくなる…そんな気持ちにさせてくれる、よこすか内科小児科・はるこレディースクリニック。迎えてくれるのは優しい笑顔の副院長 横須賀治子先生と漢方外来の猪子英恵先生。おふたりに自分の健康と向き合うことの大切さを伺いました。

美容を楽しむためにまずは健康でいることが大切

____横須賀先生が婦人科を目指そうと思った理由を教えてください。

横須賀治子先生もともと美容皮膚科にも興味があったのですが、私自身の出産以降、産婦人科での研修がとても楽しくて。婦人科は患者さまに対して「おめでとうございます」と言える唯一の科。毎日女性の人生の感動の場面に立ち会いたいと思い志望しました。 そして美容を楽しむ気持ちは、ご自身が健康で楽しく幸せに暮らしていてこそ生まれるものだと思うんです。そのためには、病気にならないようにセルフケアをすることが必要です。 人生の選択肢を狭めることがないような、未来を見据えたヘルスケアを女性の目線でサポートできたら嬉しいです。

リゾートホテルのようなリラックスした空間づくり

____よこすか内科小児科・はるこレディースクリニックついてご紹介ください。

横須賀治子先生私自身、自分が婦人科診察(内診)を受けるのは以前からとても苦手なので、患者さまに対しては最大限の配慮をしています。リゾートホテルのような内装や、エステサロンのように少し照明を落としたり、季節ごとにインテリアも変えたりして、皆様に心地よく過ごしていただけるよう工夫をしています。 また婦人科はカーテン越しでドクターの表情が見られないことも多いと思いますが、当院ではカーテンをなくし、検査時にモニター画面を見ながらお顔を見ながらお話ですることで、少しでもリラックスできるようにしています。

月経や妊活、更年期など女性ならではのお悩みに向き合う

____クリニックに来院される患者さまのお悩みの中で特に多いのは何でしょうか。

横須賀治子先生生理不順や生理痛などの月経のお悩みや更年期のお悩みは多いですね。妊活に取り組まれている方もいらっしゃいます。 ただ、婦人科は何か症状がなくても、定期検診に通っていただきたいですね。早いうちから婦人科のホームドクターを見つけていただくと、その方のライフステージにあったご提案ができると思います。 まずは旅行があるから生理の日にちをずらしたいなど、そんな相談でも構いませんのでぜひクリニックへいらしてください。

こちらの記事もおすすめ
乳がん検診にはどのくらいの費用がかかる? 無料で受ける方法も

ホルモン治療と漢方で総合的にアプローチ

____生理や妊活のお悩みに対し、どのような治療のご提案やアドバイスをされていますか。

横須賀治子先生痛み等の現在の不快症状を治療するだけでなく、将来に不妊症や癌になりづらいからだに整えていくことを重視しています。ご本人のご希望や体質に合わせたオーダーメイドのホルモン治療や漢方の提案です。漢方については漢方外来の猪子先生よりお話いたします。 猪子先生:西洋医学の症状に対して処方するお薬とは違い、東洋医学の漢方はその方の体質を判断して処方します。その方の不調の根本にアプローチして、出来るだけベストな状態へ近づけていくようなイメージです。 その方の根本ケアをしていくので、体質のベースアップにつながっていきます。最初は生理痛に悩んで来院していたけれど、漢方を使うことで、頭痛も同時に改善されてきたという方もいらっしゃいますよ。

将来の妊娠に備えて自身の健康に向き合う

____現在、横須賀先生が特に注力して取り組まれていることを教えてください。

横須賀治子先生私たちは「プレコンセプションケア」という考え方を大切にしています。将来の妊娠に備えてご自身の健康に向き合うという考え方です。 不妊の原因はご自身のホルモンバランスの悪化が大きく関わっているもの。子宮筋腫や内膜症、多嚢胞性卵巣症候群などはホルモンの乱れを引き起こし、妊娠しにくくなるだけでなく、将来様々な病気にもつながります。 そうならないためにも体質改善やホルモン治療で女性の人生をサポートしていきます。

女性の選択肢を広げるホルモン治療の名医

____横須賀先生がご自身を何かの名医だというとしたら、何の名医ですか?

横須賀治子先生得意なのは体質に合わせたオーダーメイドのホルモン治療でしょうか。先ほどもお話しした、プレコンセプションケアのお話に繋がりますが、女性自身が子どもを産みたいと思ったときに産めるように、バースコントロールや未来につながるヘルスケアの手段として、ピルやミレーナなどのホルモン剤を導入していきます。 まずは定期的に婦人科検診を受けていただきたいです。もし症状や診察上の病気のサインが見つかれば、早期発見・治療ができます。 妊活をする際はより細やかな配慮が必要です。ホルモンバランスだけでなく、隠れた病気のチェックや栄養バランスの是正、適正体重のコントロールや卵巣年齢を考慮したエイジングケアを行います。 猪子先生:漢方の世界では、皮膚は内臓の鏡とも言います。体質が改善されてくると、生理痛や生理不順だけでなく、美肌効果を感じる方も多いですよ!

ゴールが見える漢方との付き合い方

____漢方の治療はどれくらいの期間で効果を感じられますか?

横須賀治子先生漢方は美味しいものではないので、ある程度期間やゴールを決めておくとモチベーション高く取り組めますよ。 猪子先生:大前提としてその方の症状や状態によりますが、軽い頭痛や月経痛であれば、月経周期で1〜2周期ほどで改善されてくるのではないでしょうか。エイジングに関するお悩みだともう少し長く、3周期程度は必要かなと思います。 カウンセリングの際にゴール設定をしていくことで諦めるなどの離脱が少なくなると思います。

患者さまの緊張を和らげる、じっくり聞くカウンセリング

____患者さまと普段どのように向き合われているのか、その想いをお聞かせください。

横須賀治子先生まずは患者さまのお話をじっくりと聞くことを心がけています。お悩みやお気持ちをしっかり受け止めて、何か課題がみつかったら、治療することでのリスクとベネフィットをお話しします。 婦人科ってなんだか緊張してしまうという方もいらっしゃると思いますが、もしなにか少しでも気になることがあればぜひお気軽に相談しにいらしてくださいね。

美しさは健康なからだがあってこそ。女性の幸せな未来に繋がるケアをしていくことの大切さを教えていただきました。

profile

横須賀治子先生

HP

よこすか内科小児科・はるこレディースクリニック 東京慈恵会医科大学附属病院の他に、横浜市立みなと赤十字病院、ヒロオカクリニック、杏雲堂病院、京野アートクリニック(仙台・高輪)、ノア・ウイメンズクリニック、聖路加国際病院附属クリニック予防医療センター等で非常勤勤務を経て、現在に至る。現在も東京慈恵会医科大学付属病院にて非常勤診療医員として婦人科外来を担当。
問い合わせ:0438-40-5404

関連記事

  1. フェイスリフトの名医【うまみ美容クリニック】すべての患者さまが安心して治療受けられるように

  2. ニキビ跡の名医【はなふさ皮膚科】結果を出すことにこだわり、コンプレックスと向き合う

  3. しみ治療の名医【秋葉原 やさしい皮膚科】アトピーの方こそウェルカム!皮膚科医療に基づく美容医療